マイキッチンラボでお手軽リトグラフを試す

先週のこと、ネットで、”キッチンリト”、の動画を見つけた。英語なのでわからない単語は画像を見て判断したのだったが、家庭の台所にあるもので、リトグラフができるというものだった。簡単に版画を作っているのを見て、私も試してみることにした。
 毎日の料理を作る我が家のキッチンが実験室に早変わりしたようで、作業を進めているうちにとても楽しくなった。
 リトグラフというとシャガールの多色版画をすぐに思い浮かべる。まるで筆で描いたようなのに、版画なのである。いいなあとおもっていたけれど、石板を使ったり、薬品をいろいろ使ったり、難しいものだとおもっていた。
 早速準備して試し刷りをしてみたところ、先週は見事失敗。何が原因かわからなかったけれど、リトグラフの原理を知ると、間違いがわかった。昨日再び挑戦。出来ました~!完ぺきなできではないけれど、初めてにしてはこんなものと、納得。気分のいい一日になった。
原理については次回。

用意するもの
アルミホイル、油性筆記用具(ダーマトグラフ、クレヨン、パステルを使用)
植物油。コカ・コーラ(アラビアガムの入った酸性液ならいいかも)
油性インク(版画用インク使用)紙、アルミホイルを張り付ける台紙(塩ビ版を使用。厚紙でもいいかも)
スポンジ数個
手順
・アルミホイルの裏面(ざらっとした方)を台に張り付ける。手の油がつかないように注意すること(ゴム手袋してテっシューでのばした)
f0095745_11432927.jpg

・油性の筆記用具でイメージをアルミホイルに描く。(すると反対になる。きちんとするには、カーボンで転写してから描く)
f0095745_11441997.jpg

・アルミ板全体に、コカ・コーラをかける。泡が消えるまで浸しておく。
f0095745_11453011.jpg

・水洗い。
・水気をとって、植物油をまんべんなくぬる。
f0095745_11463440.jpg

・インクを詰める。(ローラーで塗る)
f0095745_11471012.jpg

・プレスして完成。(プレス機がないので、スプーンのせ中でこすったり、お菓子の製麺ろーらーをころがして刷った)
試しなので2枚刷ったけれど、10枚はいけそう。ただ、アルミホイルの性質をかんがえると原版の長期保存は無理かも
f0095745_11474283.jpg

縄文のヴィーナス、です
f0095745_11481441.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2015-11-19 11:51 | 日々の記録 | Comments(0)