今日はここまで

春季銅版画教室3回目。懸案の絵を転写して、腐食した。
今回も一版多色刷りでいこうと思う。それには、かなり深く腐食しなければいけない。
家で腐食止めを除いておいたのを、教室についてすぐ腐食液に40分つけた。ひきあげてみると、きれいに取り除いたはずの腐食止めが薄く残っていたのか、まだらになってしまった。
ベンジンで全面を洗い流して、もう一度腐食止めをかけて、つける。通算1時間30分くらい。もう終わりの時間にちかづいたので、本日はここまでにする。次回は少し浅い腐食をかける。
 この絵、題が先にわいてしまった。”琥珀の誘い”、正確には”琥珀色の誘い”。
何故だか自分でもわからないけれど、琥珀の透明なセピア色がいいなあ、と思っていると、グラスにに注がれた琥珀色のブランデーをイメージしていた。初めは画面いっぱいの顔にブランデーグラスが重なる絵だったのが、2転3転、5転してこうなった。
 仕事など諸々のことに思いつかれて、歩いていた女は街角の小さな酒場に誘われるように入った・・・。琥珀いろのブランデーに癒され、つかの間煩雑な日常から逃れる・・・、な~んちゃって・・・・

腐食している間に、折しも、中村先生からウイスキーをちょっぴりいただいた。
一口飲んだら、ガーン!一瞬ふらっと来た。アルコール40度、年寄りにはきつすぎた。
f0095745_14422565.jpg

f0095745_1442597.jpg

f0095745_14433793.jpg

f0095745_1444172.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-17 14:08 | かく | Comments(0)