レストラン ディモア

信州茅野駅近く、ヴィーナスライン沿いにディモアという名のレストランがある。山小屋風の小さな一軒家で庭木に囲まれているため目立たない。3年くらい前にそこを車で走りすぎるとき娘が目に留めたのがきっかけで入った。
室内はアンティークの装飾でワインボトルがあちこちに並んでいる。テーブルは3組。置物などで仕切られて個室のようになっている。家庭のダイニングルームが3つあるような感じ。従業員は3人。オーナーのマダムがウエイトレスでその夫がシェフである。畑を持っていてそこでとれる無農薬の野菜を使ったフレンチレストランである。
3年前初めてお店に入ったとき、マダムの姿をみてずいぶん驚いた。大きな玉ねぎを乗せたような髪形に黒ずくめの服装で、ちょっとばかりフランスのマダムのように見えた。
テーブルにしかれたペーパーナプキンにはマダムの描いたイラストに詩が添えられている。どれも違ったイラストに詩がついていて、なかなかおしゃれである。
季節のお野菜を使ったお料理もおいしい。快活なマダムにすっかり魅了されてしまった。
今年、ひさしぶりにディモアで食事をした。この先来れるかどうかわからない年になってきたので思い切った。
(デイモアというのは”言って”という意味のフランス語
f0095745_23390034.jpg

f0095745_23402334.jpg

f0095745_23410815.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2016-11-08 22:44 | Comments(0)