銅版画教

銅版画教室春の講座はあと2回で終わる。今期もいい作品ができなかった。終わりが近づいてきたのに次の作品が思いつかない。家に100均で買ったpp板があったので遊び半分で思いつくまま掘ってみた。紙の白を生かそうとカッターナイフと木版画用のカッターでいたをくりぬいた。板は薄いし柔いけれど結構力がいる。細かいところは思うように切り抜けない。半分くらいでギブアップ。残りはドライポイントでごまかしてする事にした。
色は手で刷り込んで、部分的にステンシルを使い、最後にゴムローラーで色をのせる計画だったが、ふき取りが甘かったり、ふき取り忘れがあったりで、計画通りにはできなかった。(反省)
刷り上がったものをみて、風鈴、とおっしゃるかたがいて、ガクッとなったが、改めてみれば風鈴そのものに間違いない。これは宇宙から飛んできたバーなのです。夜空に浮かんでちょっと一杯やったら心身ともにふわふわ浮いていい気持ちだろうな~。そんなお店を出してみたいと夢見て描いて見たのです。周りに浮かんでるのは意味なし。空白を埋めるためのいたずら書きです。
久しぶりのA4サイズで疲れました。しばらくまた小さいので遊ぶことにしよう
f0095745_20495441.jpg

f0095745_20502557.jpg

f0095745_20513166.jpg

f0095745_20523470.jpg

すった後の版
f0095745_20531113.jpg

原画ーオイルパステルの上に水彩絵の具
[PR]
Commented by Kaz at 2017-06-14 21:22 x
夜空に浮かんだバー、むっちゃいい!
Commented by ババママ at 2017-06-19 17:42 x
おいでやす!いっぱいどうぞ
by babamama_123 | 2017-06-04 20:17 | Comments(2)