<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自画自賛

先週の土曜日はお描き初めだった。お題はりんご。透明水彩で描いた。われながらよく描けた。本物みたいだ。大きくて、おいしそう、壁にはって眺めて内心満足している。実は最後に先生がひと筆追加してくださった。そのひと筆で、ひからびたりんごに生彩が出たのであった。
f0095745_11131735.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2011-01-18 11:13 | かく | Comments(0)

ショック!!

昨日の夕方、ほぼ毎日ゆく近くのスーパーに行って驚いた。
店内が暗いしお客さんの姿が見えない。不審に思って、やっと入口のドアーの張り紙に気がついた。小さな字で、”本日をもって閉店致します。長らくのご愛顧ありがとうございました・・・・”とかかれている。昨日の夕方来た時はそんな気配は少しもなかったのに、いきなりの閉店にびっくり仰天した。私の後ろで若いおばさんが、”ここも・・・”といっているのが聞こえた。このスーパーのチェーン店全部が閉店したらしいとわかった。チェーン店は市内にどれだけあるだろうか。五条通の大型店舗ジャスコにもはいっているし、街中に点在している。それが全部閉店したのだとしたら・・・。
それにしてもいきなりの閉店、店員はしっていたのだろうか。寒風のふきすさぶ中にいきなり放り出された大勢の店員さんの生活を思うと胸がつぶれる。私にとっても、一番近くて、品物も豊富だし、値段もよかったこのお店がなくなるとなると、これからの買い物が大変になる。それに、ためこんだポイントがパーになるのだから懐も痛い。月末対策にためたポイントはなんと8000円以上もあるのだ。多分私だけではないだろう。閉店を予告したら、一斉に皆がおかねのかわりに使うだろうから、予告なしに閉店したのだろう。
でも何故、年明け早々に閉店なのだろう。ずいぶんまえから、テナントの魚屋さんや、お惣菜屋さんがしばしば入れ替わっておかしいなとはおもっていたけれど、100均は半年くらい前に入ったばかりだ。
今日から買い物とウオーキングを合体することにしよう。

[PR]
by babamama_123 | 2011-01-18 11:00 | 日々の記録 | Comments(3)

寒い!!

今朝も京都市は一面真っ白。積雪4センチ。これで3度目である。昨日の朝もの雪は昼過ぎには消えてしまったけれど、日陰の水たまりは夕方になると凍って、その上に雪が粉をふいたようになってた。夕方買い物に出たら、風邪が射すように冷たい。注意して歩かないと滑りそうになる。ちょっと恐ろしかった。
 暖かい冬に慣れてしまったのか、あるいは老齢のせいか、この冬の寒さは特別答える。いつものように5時前には目が覚めるけれど、布団から抜け出せない。布団の中には電気安価とホッカイロ、腕の中には猫のマロンがくっついている。マロンまでしがみついて動かない。布団から抜け出すのにあ相当の有機がいる。京は月曜日。お弁当も作らなければならないし、ゴミもださなければならない。ごみ収集車は8時半にはやってくる。それまでに朝のかたづけもしなければ・・・。寒かった。

[PR]
by babamama_123 | 2011-01-17 16:55 | 日々の記録 | Comments(0)

長岡天満宮

1月13日から銅版画教室の仲間の方が個展を開かることになっていた。場所は阪急長岡天神駅のすぐ近く、家からちかいところなので、初日の13日に早速見に行った。小さな喫茶店のカウンターと壁に小品10点余り。どれもとてもかわいらしかった。中でも流木で作られた額にの作品が素敵だった。寒い日だったけれど、時間があったので、長岡店万グまで歩いた。購買がちらほら咲いていたけれど、池を渡って来る風邪がひりひり冷たくて凍えそう。池の周りの桜並木も、霧島つつじもみるからに寒そうだった。
いけだなおみ銅版画展  20011年1月13日~2月19日
 阪急長岡天神駅東口南に150メートル カフェ グランパ
          1月は木・金・土の12時から開店
f0095745_16261986.jpg


f0095745_16272665.jpg


f0095745_1628060.jpg


f0095745_16282963.jpg


東風ふかば匂いをこせよ梅の花主なきとて春な忘れそ
f0095745_16285810.jpg


菅原道真公ゆかりの牛
f0095745_16292294.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2011-01-13 16:02 | 見る | Comments(0)

リンさんの小さな子

昨年の暮に図書館で借りた本の返却日が近づいてきました。欲張って十数冊(爺さんの分も含めて)も借りたのですが、完読しなかったのは2冊、ウイリアムハンコックの「異次元の刻印」上下です。借りたのは、飛田京子の絵本が4冊、画集が4冊、読み物4冊。結局読んだのは2冊で、完読したのは「リンさんの小さな子」、1冊でした。もう1冊はアゴタ・クリストフ「どちらでもいい」。これは以前に読みかけたのを忘れて又借りしてしまったのでした。続きを読んだら、またしても、どちらでもよくなって、辞めてしまいました。絶望感にあふれる短編集で、読むうちにこちらまで気分が暗くなってしまったからです。
「リンさんの小さな子」(フィリップ・クローデル)
 リンさんはベトナムの老農夫でした。ある日、田畑に出てみると、たくさんの村人が死んで横たわっていました。その中にリンさんの息子夫婦もいました。呆然としているとその横で子供の泣き声がします。リンさんの生まれて数カ月の孫です。リンさんはその女の子を抱きあげ、急いで家に戻り、鞄に数枚の着るものと、息子夫婦の写真を詰めて、村を脱出します。海岸に着くと、同じように、何も持たない人々が大勢いて、彼らと一緒に船に乗り込むことになりました。着いたのは(多分)フランスのある海岸。リンさん達は難民収容所にいれられます。リンさんは故国とちがう空気の匂い、食べ物になじめません。故国の風景を懐かしむばかりでした。ある日、孫のために外を散歩していたリンさんは公園で一人の男に出会います。彼はリンさんにとってかけがえのない人になっていきます。
彼にとっても、リンさんは心の通う大事な人になりす。彼はかつて、リンさんの国で戦ったことを告白しますが、リンさんには通じません。二人はお互いの言葉が通じ合わなかったのです。以下略

戦争がなければ、リンさんは農夫として豊かな国土で幸せな一生を送ったでしょう。戦争で一人になったリンさんと、妻を失って一人になった男に共通する孤独感が伝わってきます。その二人にとって、希望となるのが、小さな女の子なのでした。女の子の名前は、「サン・ディウ」(穏やかな朝)、それを聞いた男は「神なし」(サン・デュー)といいかえすのが、ブラックユーモアかなと思いました。
フィリップ・クローデルはインドネシアの女の子を養子にしています。その子のために描いたという短編集「子どもたちのいない世界」がとてもよかった。とりわけ、ピエール・コップのクレヨンの挿絵がな素敵です。

f0095745_111228.jpg


f0095745_1114982.jpg


f0095745_112784.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2011-01-10 11:06 | 読む | Comments(0)

迎春

謹賀新年
今年も我が家の正月のイベントとして松尾大社にお参り(お酒の)に行きました。毎年松尾さんで、無病息災、娘の良縁を祈願して手を合わせるのに、お賽銭が少なすぎるのか、神さんはちっとも聞いてくれません。今年は別の神社にしましょうと、言ったのですが、爺さんと娘に反対されて、やっぱり松尾さんにお参りすることになりました。元日は路面に雪が残って年よりにはあぶないので、二日の夕方に行きました。日が傾き始めて、境内は薄暗く、たき火の赤い炎があたりを暖かく照らしていました。その周りを干支の文字を描いたお酒の升をもった人たちが囲んでいます。婆さん達も2回お代りして頂きました。辛口の松竹梅、冷たくて、さっぱりした口当たりで美味しかった。少しだけしか飲まなかったのに、帰りは足がふらついて宙をあるいている感じになりました・・・。
神様、皆さま、ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

f0095745_1723070.jpg


f0095745_1725841.jpg


f0095745_1733641.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2011-01-03 17:06 | 日々の記録 | Comments(0)

2011年のおせち

大晦日の朝、窓の外は一面の銀世界でした。雪はまだ降りやみません。昨晩は、この雪の中を傘地蔵がお正月用の食べ物を運んでくれました。娘の職場に配られたおせち料理のパンフレットから選んだ海鮮おせちです。3種類の蟹、3種類の海老、鮭の刺身に焼き物、イカ、いくら等々。おまけに北海ラーメンと、じゃがいもバター焼きもはいっています。3~4人前、26000円。傘地蔵は娘でした。ありがたいことです。
2011年のおせち料理は、それに婆さん手作りのごまめや黒豆、紅白なます、根菜の煮シメ、数の子入りの松前づけを添えました。盛り付けは娘の担当。結構豪勢で、職を失い、傘地蔵もこない人達が大勢いることを思うと、贅沢すぎて胸が痛みます。ともあれ、今年も屋根のある家で、祝い膳を囲むことのできる幸せを感謝して、黙々と頂きました。(蟹を食べるときだけは皆静かなのです)

f0095745_16392697.jpg


f0095745_16395930.jpg


f0095745_16402618.jpg


f0095745_16404779.jpg

f0095745_16411013.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2011-01-03 16:41 | 日々の記録 | Comments(0)