<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都で日食を観察していたころ、末娘の済む南カリフォルニアは夕型で、夕日の中で日食を観察する写真が送られてきました。当地では金環食にはならなかった、とメールにありました。
f0095745_1362598.jpg


f0095745_137751.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2012-05-21 13:07 | 見る | Comments(0)

金環食2

ピンホールの作る写真
f0095745_12512865.jpg


木漏れ日 7時25分ころ
f0095745_12524997.jpg


f0095745_12534835.jpg


f0095745_12543570.jpg


f0095745_12553853.jpg

f0095745_12562214.jpg


8時30分過ぎ
f0095745_12571870.jpg


娘の撮影による金環食
f0095745_12594236.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2012-05-21 13:00 | 見る | Comments(3)

金環日食

先々週頃、空ガールというのを、TVで見た。日食があるので、天文に興味を持つ女子が増えたのだそうだ。彼女達はオフィスの帰りにビルの屋上で望遠鏡をのぞいたり、プラネタリウムを見に行ったりするらしい。そういう女子を空ガールというなら、うちの亭主は「そら爺」だ。根っからの文系で、それまで、理数をけぎらいしていたのに、何をおもったのか、4,5年前、京大の花山天文台の天文NPOの会員になった。鹿児島で皆既日食があった年、日食観察メガネを作って売りだすことになった。婆さんも一度制作現場につれていかれて、手伝ったことがある。焼いたフィルムをメガネ型にした紙に挟むだけの簡単なもので、500円でうっていた。今回もこの一カ月、そのメガネを売るのに忙しかったようだ。夜は、私の大好きなTVのサスペンスの時間帯に、天文学系の講座をみる。キッチンで後片付けをしていると、相対性理論がどうの、何億光年がどうの、と水の流れる音に混じって聞こえてくる。わかってるのかしら、とじいさんをみると、もう上を向いて口をはんぶんあけて眠っているではないか!!
そんなこんなで、空爺に、天文がどうの、日食がどうの、と言われると、昔理系女子の婆さんはカチンとくる。メガネ、めがねと騒いでる爺さんを無視していた。
 今朝4時過ぎ、マロンにたたき起こされて、見ると、暑い雲に囲まれているけれど、そのすきまから赤い光が見える。金環食が見れる可能性あり、とみて跳ね起きた。5時過ぎると雲が切れて強い光がさしこんできた。なんか落ち着かない。この先2度と見れる機会はないだろうから、なんとかミたいと思った、が、メガネがない。間接観測という手があるときいていたので、段ボール箱を切り開いて、ピンホールを開けた。小さくてはわからないだろうと、隣に一円玉の大きさの穴もあけた。デジカメを用意して、その時を迎えた。
 7時前、いつもは爆睡中の娘と空爺がおきてきて、我が家は日食観察でおおさわぎになった。空爺がもっていたのは、メガネではなく、フィルムのきれはしだった。たった1枚のフィルムの切れ端を奪い合ってなんとか金環食をみることができた!!
さらに、家の植木を通して木漏れ日の作る影がなんとも幻想的で、珍しかった。晴れて本当によかった。

[PR]
by babamama_123 | 2012-05-21 12:48 | 見る | Comments(0)

苦肉の策

この2週間、「手のひらの歌」の版画が頭に引っかかって、もやもやしていた。なんとか最初のイメージに近づけたいと思うのに、その対策が考え付かない。ひっかかりごとがあると、なんにもてがつかなくなるのが私の癖(口実でもあるけれど)で、残り少ない貴重な時間を無益に費やしてしまった。教室のある昨日の朝、「要はインクの乗る穴を作ればいいのだ」とやにわに思いついて、ボケたところに粗めの布やすりをあて、上からハンマーでたたいてみた。それからドライポイントであめんぼうと、ミツバチなどを描き足した。
版画教室でインクを詰める時になって、銅板が歪んでいるのに気がついた。金づちの力が均等にあたっていなかったのだ。刷ってみたけれど、やっぱり納得のいかない作品になってしまった。新たに作り直す気力はないし、もやもやはとうぶんはれそうにない。
f0095745_11324347.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2012-05-21 11:34 | かく | Comments(0)

子供の日

今日は子供の日。爺さんは朝から中之島祭りにでかけました。多分、お祭りの出店にまぎれて、花山天文台の天文倶楽部作成の太陽メガネを売りに行ったのだと思います。(もうすぐ皆既日食なので)。今日で3日目。昨日はあまり売れなかったみたい。何を聞いても聞こえないようでした。娘も車で早朝出かけてしまいました。家には猫と婆さんだけ。
孫は遠くにいて、家の中に子供の声がなくなって随分長くなりました。孫達が、時々来ると、食器棚の壁に、マジックで背丈のしるしをつけるのですが、それもなんだか薄れて見えます。柱の傷はおととしの・・・、うたったのはいつのことだったか。
そんなことを思いながら絵の教室に行くと、先生は柏餅をたくさん用意していて、それをかくことになりました。ところが、連休の終盤で今日の生徒は婆さん一人。おわったあと、二人分の柏餅を頂いてかえりました。おいしかった~。
f0095745_17102057.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2012-05-05 17:10 | かく | Comments(3)