<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

彌光庵

動物の肉を食べるのをやめようと思いながら、なかなか思い通りにいかない。せめて外で食べる時は野菜中心にしようと、マクロビオテックとか、ベジタリアンとかのお店をインターネットで探したら、彌光庵というのを見つけた。場所もついでに行けるところだし、お値段も手ごろである。昼は土日しかやっていないのだが、丁度、土曜日は絵画教室の展覧会の初日だった。会場は今出川で、河原町からバスに乗る。昼少し前に家を出て、河原町に出て、バスに乗る前に彌光庵によることにした。
 彌光庵は寺町通りの四条を下がったところにある。電気屋の隣に舟橋屋という駄菓子屋さんがりその隣に間口半間(に満たない)ほどの格子戸があって、お店の名前をかいたビラがはってあった。目の悪い私はうっかりとおりすぎてしまうほどの地味な戸である。そのトをあけると、目の前に暗い細い路地があり、両側に、平和憲法云々とか、原子核発電云々とか、よくよめなかったけれど、たくさんの文字が書かれた紙が一面に張ってあった。お店は路地を抜けた先にあったが、普通の家の玄関なのだった。扉を開けると、店主が出てきて、土足のままどうぞ、と言われた。客は私一人。カウンターの前に座って、店内を見回して、いささかどぎもを抜かれた感じ。
まず天井が異様である。なんといっていいかわからない。壁もしかり。カウンターの前もしかり。庵というからには、お寺ですよね、と聞いたところ、そうです、と言って写真の貼ったファイルをもってきて見せてくれた。そこには、得度のと木んお写真があった。雑誌か新聞かの切り抜きで、今より大分若い墨染の着物がよく似合う女性がうつっている。
 やっぱりお寺なのであった。浄土真宗なのだそうだ。それにしてもお仏壇はどこに?と言うと、壁紙をさして、あれです、という。そしてどこからか小さな銅像と鐘をもってきてカウンターにおきチーンと鳴らした。銅像は親鸞聖人である。この前で朝夕のお勤めをするのだそうな。
 カウンターの前にはお酒の瓶がたくさん並んで、夜はスナックになるのかなと内心思ったけれど、ランチはすべて精進料理だった。食べかけてから写真を撮ったけれど、おいしかった。
カウンターの前に小さな猫の置物がめについたので、聞くと、奥に猫がいて、他にも猫カフェをしているのだとか・・・・かえりがけに、おはかの話になって、大谷祖廟への納骨を薦められた。二万円でだれでも納骨できるという。自分がしんだら、ここに納めるよう描き残そうと決めたのだった。
f0095745_12162123.jpg


f0095745_12171572.jpg


f0095745_12175041.jpg


f0095745_12184069.jpg


f0095745_12192883.jpg


f0095745_12201198.jpg


f0095745_1221616.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-03-31 12:21 | Comments(0)

被害甚大

4か月になったニュートンは、身体も一回りおおきくなって、力も強くなった。やんちゃぶりも激しさを増してきた。眠くなると、興奮するのか、家中を走り回り、目に着くものを加えて振りまわし、じじばばの足や手にかぶりつき、床におしっこをまきちらしてしまう。おしっこの始末をしている婆さんの手にかぶりつき、勢い余ってはをひくものだから、婆さんの手はいつも血まみれ、ばんそうこうだらけだ。
 ソファーは破かれ、電気カーペットはしみだらけ。まだ読んでいない新聞は紙くずと化し、かまぼこ板は角が丸くなり、スリッパはズタズタ。被害甚大である。損害賠償を請求したいのだけれど・・・・。ニュートンのままは、可愛い、かわいい、と被害の様子に目もくれない。
しみだかもようだかみわけのつかない
f0095745_1118497.jpg


じじのつくったか噛み板
f0095745_11185441.jpg


ニュートン4か月
f0095745_11193495.jpg


ちょっとひと眠り(大暴れのあと、急にコテンと・・・・
f0095745_1120582.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-03-31 11:25 | うちの仔たち | Comments(0)

早春の草花

つくしんぼうを撮りたくて、北山の京都府立植物園に出かけた。残念ながら、またしても土筆の坊やにはであえなかった。園の案内には早春の草花展とあったので、水場のあるところに行った。このところ急にあたたかくなったせいか、早春は過ぎてしまった。ザゼンソウはあとか
たもなく、ふきのとうは花がさきかけ、猫柳も穂先がひらいていた。フクジュソウはまださいていた。カタクリがもう,2、3ぼん咲いていた。
今日はあたたかくなるという予報だったけれど、北山は風邪がつめたくて、足元が冷えてきた。ワンちゃんもにゃんちゃんもまっているし、早々にひきあげることにした。小一時間もいただろうか?
本日の写真展
f0095745_15273612.jpg


f0095745_15283557.jpg


f0095745_1529568.jpg


f0095745_15295278.jpg


f0095745_15303455.jpg


f0095745_15305716.jpg


f0095745_15312625.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-03-24 15:31 | 見る | Comments(0)

ふりかけ等

絵画教室で、なおさんから無農薬人参をいただきました。小さな人参で、根っこはジュースに葉っぱは降りかけにしました。人参ははとっても栄養価が高く、煎ってご飯にかけてたべるととっても美味しいのです。
人参葉は細かく刻んで(茹でてからの方があつかいやすいかも)、お雑魚、ゴマといっしょに蚊ら入りします。尾諸王湯とみりんを少々たらして味付けしました。
f0095745_15445263.jpg


玄米ガレット
 玄米がのこったので、お雑魚、粉チーズ、山芋の刷り下ろしを混ぜて比良卓して、オリーブオイルでやきました。
f0095745_15453687.jpg


あぼがどと若芽のさらだ
(あぼがど、若芽、まぐろ少々、キューリ、やまいものすりおろしソース)
f0095745_15475383.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-03-18 15:49 | Comments(0)

トンちゃんのヘアースタイルがかわりました。ペットの美容院に行くとかなりお高くなるので、娘がはさみでトリミングしたのです。昔、自分達も親にこうやってきられたんだ、いやだったなーといいながら、トンちゃんを抑えてちょきちょきやった、結果はしゃしんのとおり。なんだか変な顔になった、とおもうのですが・・・。娘は結構可愛いとご満悦です。
f0095745_15363578.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-03-18 15:36 | うちの仔たち | Comments(0)

七転八倒?

今月末から、絵画教室のグループ展が開かれる。教室に来ている生徒達、予備校生、小学生、そして私達社会人の作品が展示される。始めは先生方の作品の隅に社会人の作品も展示するということだったのが、教室全員の作品の展示に変わった。半年も前から計画されて、その日に向かって作品をしあげなければならなかった。なのに、一向に筆が進まない。これまでに、何度kaki描きなおしたか。描いているうちに迷いが出て、全体を塗りつぶし、の繰り返し。今月初めについに先生から注意された。下絵をしっかり歓声させてから書くこと。下絵が完成してないから迷うのです・・・。それで、半分できかかった絵を又全体塗りつぶすことになった。できあがるのだろうか・・・。下絵をかいてみたけれど、やっぱり気に入らない。どうしよう・・・。
案内状(人形の絵は数年前に描いた婆さんのものです)
f0095745_1523565.jpg


場所(どうししゃ大学の近くにある町家ギャラリー)
f0095745_152432.jpg


下絵(もう少し柔らかい感じになるはず・・・)
f0095745_15243613.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-03-18 15:28 | かく | Comments(2)

野菜3品


おから煮
 やっとしっとりと美味しくできました。
 人参、ごぼう、油げ、しいたけ、おねぎ等をおだしで炊いて、そこにたっぷりのサラダオイルで炒めたおからを入れてしばらく炊きます。以前はおからを炒める油が足りなかったのか、ぱさぱさしておいしくありませんでした。
f0095745_12341833.jpg


いろいろ野菜のきんぴら
 ごぼう、人参、白滝、ねぎ、気の子、油げ、を炒めて、お醤油とお酒で味付け、最後に豆みょうを混ぜ合わせる。とっても美味しいです。
f0095745_12371381.jpg


茎ワカメの佃煮
 スーパーに新若芽がでまわりました。茎ワカメもでていたので、数十年ぶりに佃煮をつくってみました。
昔高松にすんでいたころ、春先に浜に流れついた若芽をとりにいったものでした。若かった爺さんは一年分の保存食にするといって山ほどとってきました。それを油がいて、干すのは元若かった婆さんの役目。背中に末の子をおぶって、そとでの仕事は、寒さもあってしんどかったのをおもいだします。茎ワカメの佃煮はそのころ覚えたのでした。今回のは塩蔵で、塩抜きが甘かったせおかしおからくなってしまいました。
細かく切って、みりんとお醤油、だしで煮詰めるだけです。
f0095745_12445670.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-03-14 12:47 | 食べる | Comments(3)

雄3匹

トンちゃんが来てから、我が家の雌雄の比率が3:2になって、数の上では雄が優勢になった。けれど、数が増えた分やっかいなことも増えた。雄というのは本来なまけもので、おバカなのではないだろうか。ライオンも雄はみかけは立派だけれど、餌を撮るのは♀で、雄はぐーたら寝ているらしい。
我が家の雄達もライオンとおんなじなのだ。らいおんほど見かけは立派でもりりしくもないけれど、ぐーたらなのは勝るとも劣らない。気がつくと、床の上に3匹くっついてごろんと寝ている。 この中で、マロンだけはけなげなのである。
トンちゃんがマロンをみると、かけよって、じゃれてまとわりつく。顔をなめたり、背中に乗ったり、尻尾にかみついたり・・・。始めのころ、マロンは少しだけ我慢をして、すぐに高いところに逃げていたけrど、最近は相手をするようになった。組み合って、足蹴りをしたりしている。でもふーっと威嚇したり、きつく噛んだりはしない。相手が幼いというのがわかっているようなのだ。それでも皆の目がトンちゃんに向いてるのでさみしくなるのか、爺婆の側があいていると、身体を密着させてくるようになった。3匹の中でマロンが一番大人で、賢い・・・・

とんちゃん、いいかげんにしてくれ・・・・
f0095745_12213799.jpg


朝ご飯の跡は・・・
f0095745_1222829.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-03-14 12:26 | うちの仔たち | Comments(0)

ニュートン

ニュートンは3カ月になった。とっても元気で、じじばばは翻弄されっぱなし。婆さんのスリッパはまたたくまにぼろぼろ、爺さんの竹で編んだ枕も、木くずと化した。部屋中をダッシュで走り回る。ゴミ箱に頭を突っ込んで、紙くずをひっぱりだして散らかす。興奮しておしっこをあちこちにする。掃除をすると思いがけない場所に大発見!!そんなニュートンを、爺さんはばかぷー”と呼ぶ。婆さんも名前を付け間違えてしまったかと後悔する。これでは、ニュートンのとんちゃんじゃなくて、とんまのとんちゃんになってしまう。と心配にになったころ、トンちゃんは、お座り、とお手ができるようになった。お座りして、小さな腕を大きくふりあげてお手をする。まるっきり馬鹿でもなさそう。うんちとしっこの場所も早く覚えてね。
f0095745_11583074.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-03-14 11:58 | うちの仔たち | Comments(0)