翌日の午前中に手術した目の診察があった。金属製の眼帯が外され、視力検査と執刀医の診察がある。視力検査は視力表を上から読んでいくいつものと同じものだ。輪っかのどこがあいているか答えるのだが、私は一番上しかよく見えなかった。後はみえているけれど、輪っかが重なってばらばらに見える。乱視が残ったままだった。レンズを入れて1.0まで読むことはできた。手術前に、先生は、遠くが見えるようにするか、近くが見えるようにするかと言われ、私の近視歴が長く、近視に慣れているから、近くがよく見える方がいいでしょうと言われ、私も納得した上でのことだった。それでも裸眼で前は見えなかった壁のカレンダーの数字が読めるし、人の顔も見える。小数点以下二ケタの視力がひと桁上がったのは確実だった。部屋に戻って、まだ手術前の左目と交互に天井を見ても、その差は明らかだった。
 翌々日、同じ不安と緊張を抱えて左目の手術を受けた。同じ手順なのに少し時間がかかったような気がした。看護士さんに前より時間が長かったというと、先生が微調整をしていたようですと言われた。
 左目の結果は右目よりはるかによく、裸眼で4つ下までみることができた。がちゃ目である。右がわるいのでちょっとへんな感じがするが、メガネで同じに矯正できますと先生は言われた。
 お隣さんも順調に終り、土曜日の午前中に揃って退院となった。かかった費用も全く同じだった。
土曜日、眼帯を外して、迎えにきてくれた娘と早速外で昼食をした。いい天気で陽射しがまぶしかった。車にあったサングラスをかけて少し落ち着いた。お店で、メニューの小さな字も目を近づけなくてもみえて、おどろいた。
帰ってから、近くのスーパーに買い物に出かけた。道端の草花や、足元の小さな石ころまでその形が見える。スーパーでは、品物の値札が読み取れるし、道を歩いていて、お花がとてもきれいに見えた。遠くははっきりみえないけれど、身の回りはメガネなしでもいける。死ぬ前に又裸眼で暮らせる幸せをしみじみ味わった。メガネは3ヶ月後、視力が安定してからつくることになっている。その時のレンズはこれまでのよりずっと薄いにちがいない。無事に済んでなによりと感謝の気持ちでいっぱいである。

[PR]
by babamama_123 | 2013-04-28 15:01 | 日々の記録 | Comments(2)

メガネ君、さよなら

さよなら、メガネ君
f0095745_12134280.jpg


白内障の手術を受けるため4月22日から6日間かかりつけの病院に入院した。手術は右目を23日に、左目は25日に行われた。
病室は産婦人科病棟の4人部屋、で、同じ日に私と同じくらいの年輩の女性がやはり白内障の手術で隣のベッドに寝ていられた。眼科の病棟は満員で、私達は少し離れている婦人科病棟にまわされたらしい。同病相哀れむ、で手術の前日は、お隣さんと抱えている不安を語り合った。執刀医は別だったが、白内障の手術について、百人に一人はいるという難しい症例や、たまに失明に至る場合いもある、とあらかじめ医師から同じ内容の説明を受けていた。その100人に一人が自分だったらと、お隣さんも私もとても不安だった。まして私は20年近く緑内障も患っている。2度、レ―ザ―で穴をあけたこともある。この20年、二月に1度緑内障の診察を受けにこの病院に通っている。老齢になって視野が狭くなっているけれど、幸い眼圧は低目安定で特に問題はなかった。ところが昨年秋くらいからメガネの調子がわるくなってきた。レンズがくもったようになって、磨くけれど、すぐまたおなじようになる。12月の検査で視力が落ちていることがわかった。メガネを変えてから1年しかたっていない。すぐにかえるのもとおもいながら年が明けた。2月末の検査ではさらに視力が落ちて、メガネを変えたらいいのか先生に伺うと、メガネではおいつかないほどに白内障が進んでいる、すぐにでも手術してもいいくらいだ、どうしますか、と言われた。白内障は60代にはその気配があると診断されていたが、これまで問題にするほどではないと言われていたのだった。びっくりして、お願いしますと即答したら、じゃ来週にしましょうかと言う。まるで今日の明日みたいだ。心の準備もあるし、もう少し先にしてほしいと言って、この日に決まったのだった。
 23日の1時、まず右目の手術がはじまった。お隣さんはその30分後に決まった。手術着に着替え腕に点滴の針を刺して手術室に向かう。前の人がまだ手術中で、手術台のある部屋の前でしばらくまたされた。若い看護士さんが不安をやわらげようと気を使っていろいろ話しかけてくださる。受け答えはしたけれど、何をはなしたのか上の空で、身体はもうがちがちだった。あっというまにおわりますよ、言われるけれど、これから起こることを想像して恐ろしかった。全身麻酔なら眠っている間にすむことだけれど、局部麻酔で、話は聞こえるし、左目はマスクされていても薄くみえるらしい。なにしろ頭部の手術だから考えるほどにこわくなった。この日手術されるのはは10人位で、皆アットいう間に終わったといってましたよ、看護師さんはいう。やっと順番がきて呼ばれて、名前と生年月日、どちらの目の手術をするのかこたえてから、手術代に寝かされた。右目の部分があいたマスクを顔にかけられ、手術が始まった。麻酔の目薬が入り、それから次々と目薬が上から流れるように落ちてくる。瞼は開けられて、目の上に明るい光の穴が二つ、黒い穴が一つ見える。絶対動いてはいけない。くしゃみも咳もしてはいけない。ほかのことを考えようとしても、わけのわからないものが見えて考えられない。不安な時はいつも念仏を唱えたりするのだけれど、それもできなかった。こちこちになってひたすらまだかまだかと、終わりました、の言葉を待った。痛みはないけれど、おそらくレンズを入れたのだろう、その圧迫感を感じた。もうすぐ終わりです、と言われた時、先生の顔が薄暗く見えた。
予定通りの手術でした心配ありませんよ、と言われて手術代を降りた。
部屋に戻ると2時だった。手術は30分もかからなかったのだ。続く

[PR]
by babamama_123 | 2013-04-28 13:15 | 日々の記録 | Comments(0)

なかよし

犬のニュートンは、猫のマロンをどうおもっているのだろう。いつもはおいかけまわしてじゃれつくばかりなのに、昨夜はじめてマロンに甘えるところを観た。お腹までだしてマロンにくっつき、ほんの5分ほどねむってしまった。マロンはすこしばかり迷惑そうな感じ。仕方なく顔をなめたりしていたけれど、10分もしないうちに逃げてしまった。ずーっとこんな風になったらいいな・・・
f0095745_23113144.jpg


f0095745_2313567.jpg


f0095745_2314366.jpg


f0095745_23144722.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-04-21 23:16 | うちの仔たち | Comments(0)

今月の作品(試作)

一月ほど前、三条寺町の画廊で鉛筆画の個展を見た。一見してモノクロ写真かと思い、丁度会場に来られていた作家に訪ねると、鉛筆画だといわれた。窓にかかったレースのカーテンは風に揺れてるような雰囲気があり、静物も人物もとても静かな雰囲気があって、目をひきつけられた。よく見ると、普通に描いた鉛筆がとどこか違う。どのようにしてかかれたのか聞いたとこと、親切に教えて下さった。板または紙にジェッソを塗り、その上に鉛筆で描くのだという。細かな斑点の上に鉛筆がのって微妙な味がでていた。そこでさっそく私も試してみたのがこの作品。ジェッソの塗り方がうまくいかなくて、刷けの筋が粗くでてしまった。たての筋は皮膚の皺にもみえるけれど、塊もあるのでイメージどうりにはしあがらなかった。手は婆さんの手で、仕上げに先生が手を入れてくださった。もう2,3度描いてみようとおもっている。

祈る
f0095745_11483478.jpg


花は咲く
f0095745_114938.jpg


f0095745_11493096.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-04-21 11:52 | かく | Comments(0)

爺さんの畑

3月の中頃、畑使用の抽選に当たった、という内容のはがきが京都市の老人福祉課(たしか・・)から届いた。その一月前、爺さんのガールフレンドが、京都市で高齢者に抽選で畑を無料で貸す制度があると教えてくれ、親切にも応募までしてくれたのだ。その話を聞いた時、婆さんはこれはまずいことになった。どうか抽選にはずれますようにと願った。畑は歩いては行けないところにあるらしいし、日々の野菜の世話はいずれ、必ず婆さんにまかされるのがおちなのだから。
しばらくして抽選に漏れたと残念賞の知らせがきて、ほっとしたのもつかの間、使用できることになったと又知らせが舞い込んだのだ。
 畑は家から2停留所先にあってバス停から近い。しかも先月末から通い出した歯科医院のちかくだ。今日午前中の診察を終えてからちょっと寄ってみた。一人二畝で、ロープで区分けしてあった。
4月1日から始まったけれど、まだどの畝にも芽もでていないし、苗も植わってなかった。
先週の土曜日、爺さんは娘に頼んで、畑の資料と苗を買ってもらった。娘は投資だといっていたけれど、石灰や腐葉土、夏野菜の苗など、結構たくさんある。腐葉土と石灰は播かれていたが苗の方は家の玄関におきっぱなし。出勤のときそれを見て投資が無になるのではないかと娘は心配そうな様子だった。
この10年余り放置していた私の歯はあちこち痛んでいた。治療に時間がかかるという。今日は右の型をとり、連休明けにできあがる。その後、左側の治療がはじまる。延々とかかりそう。はいしゃの帰りにちょっとだけ寄って草むしりくらいはしてあげようかなとはおもうけれど・・・。癪の種が増えた感じがしてすっきりしない。
f0095745_1518178.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2013-04-16 15:18 | 日々の記録 | Comments(0)

八重の桜と京都御所の桜

絵画教室展を観た帰り、20分ほど歩いて、同志社大学へより、続いて向かいの京都御所によった。
1月から始まった大河ドラマ”八重の桜”の八重さんと新島ジョウの住居を訪ねるためだった。残念ながら、住居は御所の反対側で行くことができなかった。土曜日の大学構内は春休みなのに学生がたむろしてにぎやかだった。明治時代に建てられたレンガ作りの校舎とニットにズボんのラフな姿の学生たち、これもありかな、と思って眺めた。
向かいの京都御所にある児童公園は桜の大木がたくさんあって満開だった。京都に住んで20年余りが過ぎたけれど、ここに桜の園があるとは知らなかった。思いつきで足を延ばしてよかった。
この日歩いたのは15000歩。家に着いたら何もする気がおこらなくなった。

礼拝堂(1886年竣工)
f0095745_15425264.jpg


クラーク記念館(1883年竣工)
f0095745_15441388.jpg


御所の桜
f0095745_15453924.jpg


f0095745_1546679.jpg


f0095745_15463521.jpg


f0095745_1547893.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-04-01 15:48 | 見る | Comments(0)

美術教室展


少女 日本画(沖谷先生)
f0095745_15101026.jpg


桜咲く 日本画(NAOさん)
f0095745_15112139.jpg


初節句 油彩(ばばまま)
f0095745_15115932.jpg


小学生の作品
f0095745_15123262.jpg


予備校生の作品
f0095745_1513573.jpg


講師の作品(トイレットペーパーによる造形)
f0095745_15134487.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-04-01 15:14 | 見る | Comments(2)