<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雨に煙る・・・

家の庭先に紫陽花が多く見られる時期になった。日照りが続いて今夏は水不足を心配したけれど、先週からは雨続きで、あふれるほどの水に恵まれた。その雨で紫陽花は潤いを増して、鉛色の風景に溶け込むように色をそえている。婆の好きな紫陽花の色は少し紫かかった青で、買い物の道すがら大きな青い花弁(がく)をみつけるとうれしくなってしまう。そして絵にしたいと不遜にも思ってしまう。そこで、版画教室最後の日に間に会わせて、紫陽花の版画をつくってみた。家で腐食までして、教室で試し刷りをしたのだが、腐食の時に空気泡ができて、傘の真ん中が抜けてしまった。まるで、爺様の頭のようでどうも気色悪い。ドライポイントでこすってなんとか胡麻化したけれど、他にもたくさん難点がある。季節はずれになってしまうけれど、秋の講座でしあげようと思う。
f0095745_18183168.jpg


f0095745_1819229.jpg


 毎日雨降り続きでも孫は元気で雨の中をニュートンを連れてはしりまわっている。この時期日本にくるお目当ての一つは、田んぼのカブトエビなのだ。家に着いた翌々日に近くの田んぼでみつけたと、早速瓶につめてもってきた。体長1センチほどの小さな生物なのに、形は瀬戸内海にいるという古生代からの珍しい兜蟹にそっくりである。カブトエビをはじめて見つけたのは、40年近く前、高松に住んでいた時だった。田んぼの中になにやらうごめく物を見かけて、目を近づけて兜蟹そっくりのちいさな生き物にびっくりしてしまった。関東ではみたことがなかった。北限はどこなのかしらべてみよう。
早速マクロレンズで撮った。
f0095745_1820599.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-06-27 18:25 | 見る | Comments(0)

あじさい

先週、今月始めて絵画教室に出たら、社会人受講生が3人増えていた。皆さん女性。私を含めて生徒数は6人になった。にぎやかになってよかった。
先週は紫陽花を描こうと、花屋さんにいったが、あじさいの鉢植は時期が終わって、2件さがしたがなかった。近くの家の庭には咲き初めたばかりというのに・・・。
今回もなにを描こうかと思いながら教室に向かってあるいていると、教室近くのビルの植え込みに額紫陽花があるのを見つけ、それをスケッチして教室で着彩した。このあじさい、雨が少なかったせいか花の色に潤いがなく、葉っぱも黄色くなっていてみすぼらしい。
私が先週に続いて紫陽花にこだわっているのを、新しく来られた方が聞いて、家に今紫陽花が咲いているけど、どうしましょう、と言ってくださった。おうちはここから歩いて20分の所だという。私はあつかましさを承知の上で、帰りごいっしょして、紫陽花を5本切ってもらい頂いた。青いろのきれいな額紫陽花である。花を描いたら、挿し木にしよう。きちんとついてくれるといいのだが・・・。
f0095745_14574446.jpg


頂いた紫陽花
f0095745_1458536.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-06-15 14:34 | かく | Comments(0)

じじばばの食卓

先週は、若者が出張で、家の中は老人二人と幼犬、中年猫になりました。犬猫は決まった餌を文句を言わずに食べるのですが、人間は毎日同じ食べ物だと不平不満がでます。ありあわせの食材で、できるだけ簡単に、久しぶりに3品作ってみました。
1.まぐろカマのハーブ焼き(まぐろは婆抜き旅行の帰りスーパーで格安品を買って来たもの。
塩をふって生臭臭をとりのぞいてから、畑にしげっていた、ローズマリー、ニンニク、タイム、塩コショウ、その他残っていたハーブミックスをすりこんでオーブンで30分焼く)
f0095745_15103658.jpg


2.ジャガイモのさらだ(スライス新玉ねぎ、きゅうりのピクルスの微塵切り、を水だしヨーグルトと、オリーブオイルであえる)
f0095745_15111452.jpg


f0095745_15114528.jpg


市販の無糖ヨーグルトを、ざるにきっちんぺーぱー敷いて入れ、30分以上放置するあ9
3.スナップえんどうの塩ゆで(爺さんの弟の畑でとれたもの。)
f0095745_151292.jpg


一番おいしかったのはすなっぷえんどう、でした。
水だしヨーグルトもマヨネーズよりさっぱりして、おいしかった。

[PR]
by babamama_123 | 2013-06-10 15:12 | 食べる | Comments(0)

孫自慢、犬自慢

孫自慢
カリフォルニアに住む娘から、メールが入った。娘の長女の俳句が入選して地元の日本人向け新聞に載ったと、紙面のコピーごと送ってくれた。
 鳥きれいわたしがほしい青と白
 お題は夏だと思う。なかなかいいくだなとうれしくなった。婆ちゃんの想像では、鳥は多分ハミングバードだろう。コガネムシのように、緑や赤が光る羽をした体調5センチほどの小さな鳥である。長いくちばしで、赤い花をこのんで蜜を吸いによってくる。今頃はたくさんとんでいて、民家の軒先には蜜を入れた赤い餌の瓶がブル下がっている。孫は最近絵を描くのが好きになったらしい。緑の少ない、炎天下の大地はひからびている。孫は、青と白があったらいいのになあと、おもったのかもしれない。
犬自慢
 ニュートンを連れて子犬のしつけ教室にいってきた。今日は3回目で、日曜の振り替えである。1時半からと聞いてメモまでしておいたのに、気がついたらもともとの11時のにきてしまった。11時からのは上級コースで、成犬の教室なのだった。これから2時間どこで待とうかとあせったいたら、いいですよ、と上級教室に入れてくれた。もうひとりミニチュアよーキーを連れていた人が、やはり間違えてきていたからかもしれない。
幼犬コースの時は、なかなか筋がいいとほめられたのだったが・・・・。今日はやっぱりむりだった。このコースでは、リードをはずして、待て、伏せ、こい、の命令に従わせるようにする。飼い主が離れている間、伏せ、やお座りをしてじっとまたせるのだが、ニュートンはとちゅできゃんと鳴き声をあげてしまった。結局先生の助けを借りて、なんとかこなしたけれど、1時間後に終了したら、私もニュートンもへろへろになってしまった。よーキーはにゅーとんよりずっと身体がちいさいのに、よくききわけていた。なかなかかしこいですね、と言ったら1年8カ月になるそうで、おちつきがでているのだそうだ。でも本当はこわくてしょうがないんですよといっていた。ニュートンはやっと6カ月目にはいったところだから、多めにみてあげないと。しかし結構あるかされたり、走らされたり、老体にはきつかった。

[PR]
by babamama_123 | 2013-06-05 15:29 | 日々の記録 | Comments(0)

銅版画教室存亡の危機


ジェルソミーナ(リフトグランド、エッチング)
f0095745_12591996.jpg


暑中見舞い(ディープエッチング)
f0095745_13084.jpg


春の講座も後3回になった。今季は目の治療のせいもあって、エンジンがかからない。モチーフがうかばないので、お試しをすることにした。1作目は初めて使うアクリル防食剤で、パステルのリフトグランド。今度はディープエッチングを試してみた。腐食時間を長めにということなので、小一時間腐食したら、びっくりするほど深くえぐれてしまった。先生は面を腐食する時はそんなに長くする必要はないと言われた。思い通りのできではなかったけれど、こつみたいのはつかめた気がする。もう少しいろいろおもしろいのができそうだと、希望をもったのだったが、中村講師から思いがけない話を聞いて、がっくりきた。
市役所から呼び出しがあってでかけたら、教室のあるたてものを、来年度は廃止にするということだった。京都市の美化計画の一環で老朽化した建物を壊すらしい。それなら代替の建物をお願いしますとかけあったが、いい返事はなかった。このままでいくと、50年続いたこの教室はこの秋の講座が最後になってしまうというのだ。とても暗い話である。なんとかしなければと教室のだれもがおもうけれど、どうしたらよいのかわからない。

[PR]
by babamama_123 | 2013-06-04 13:04 | かく | Comments(0)

HATAKE NOW

6月1日から2泊3日で、爺様は婆抜き旅行に出かけた。行き先は、蓼科の元勤務先会社の寮である。弟2人と、従兄一人、4人は皆70代。その中でも比較的若い、弟の運転で行った。これからつかのまの休息をしようとまどろみかけたとき、携帯が鳴った。爺様からのメールだった。行きがけに畑によったら、きゅうり2本、ピーマン1個ができている。サニーレタスの外葉と収穫せよ、という。久しぶりの静けさを破られたのと、その命令口調にむかついた。どさくさにまぎれて人を使おうとする、いつもの手口と根性が気に入らない。いくものかと、思ったが、爺様の畑は、ほとんど爺様の弟君の手によるものなのだ。弟君は市内とは言え、車で20分かかるところから来て、植え付けから、シートをかぶせ、補助棒をたてくれた。作物が育ったのは弟君のおかげである。弟君の好意を無視することはできないので、夕がた日が落ちかけるころにバスででかけた。
 歯の治療は先週終わった。2週間ぶりに畑に来てみると、作物が伸びて緑に覆われていた。といっても、爺様の区画以外ではあるけれど。爺様の畝には言われてとおり、きゅうりが2本、ピーマンが1個だけ、おおきくなっていた。サラダ菜はシートの下でふさふさと茂っている。結構たくさんの収穫量だった。お礼に、畑に水をたっぷりのませてあげて、又バスに乗ってかえった。サニーレタスは人参とあわせてジュースにして飲んだ。
老人広場
f0095745_12193153.jpg


全景
f0095745_12202199.jpg


爺様の畝は手前
f0095745_1221943.jpg


きゅうり
f0095745_12212437.jpg


ピーマン
f0095745_12214849.jpg


サニーレタス
f0095745_12221796.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2013-06-04 12:28 | 日々の記録 | Comments(0)