<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寸胴鍋

過ぎたるはん及ばざる...
f0095745_21465679.jpg

f0095745_21501490.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-29 21:51 | Comments(0)

大は小を兼ねる...

夕方、久々にじいさんの弟が来宅。雨の中、木津までたけのこを掘りにいってきたという。我が家にもわざわざ届けに来られたのだった。
けっこう大きく育っている。大きなお鍋がいるな、と思って、すぐに押し入れに寸胴鍋が眠っているのを思い出し取り出した。この鍋、何を考えたのか、娘がネットで買ったものだ。どうするのか聞いたら、トリガラスープを作るためなのだとか。我が家は老夫婦と娘の3人。いくらなんでも大きすぎるとおもうのだが...。大きな筍もゆったりと鍋の中で泳いでいる感じになった。

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-29 18:33 | 日々の記録 | Comments(0)

今月読んだ本

今月は、まったく違ったジャンルの本を3種類読んだ。エッセー 午後の居場所(落合恵子)、時代小説 川あかり (葉室 麟)、ノンフィクション 滅亡へのカウントダウン(アラン ワイズマン)。このうち完読したのは川あかり、だけ。午後の居場所は寝る前に少しづつ読んでまだ真ん中あたり。滅亡へのカウントダウンは、あまりにも差し迫った現実に読んでるうちにつらくなった。地球の人口はこの200年の間に幾何級数的に増えて今70億人。今世紀中に100億に達するという。地球はどれだけの人を養えるのか。人類が存続できる人口とは・・・?日本を含めて各国の現状も述べられている。飛ばし読みだけど、地球が今楽観できない状態にあることがよくわかる。
川あかり、久しぶりに読む時代小説。藩きって臆病侍で知られる主人公伊藤七十郎に、刺客の命が下される。川岸で暗殺する相手を待つのだが、川は増水で川止めになって渡れなくなっていた。家老が来るまでの数日間に七十郎は様々な人に出会う。わけありのいかがわしい人物にふれあい、七十郎の気持ちは様々にゆらぎ、葛藤するのだった。彼らの助けもあって何とか使命を果たした七十郎の前に、暗闇に白く光る川面があった。思わずほろりとする感動的な場面もあって読んでよかった。
f0095745_15294762.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2014-04-29 15:33 | 読む | Comments(0)

タブレットで投稿練習

パソコンのインターネットがつながらないことが度々起こる。接続の方法がわからないので、娘にお願いしなければならない。お忙しい方なので、休日までまたなければならない。タブレットでできるかためしてみることにした。
今晩も節約ご飯。鶏胸肉とキャベツのエスニック風炒め、南瓜と舞茸の煮物、きゅうりとだいこんのナムル。むね肉はグラム35円。200g使った。むね肉以外は冷蔵庫にあった残り物。今日は3人でしめて300円位?。
f0095745_2113855.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-26 21:02 | Comments(0)

ヒマラヤの青いけし

週のはじめ、新聞に府立植物園でヒマラヤの青いけしが咲いたと載っていた。お天気もいいし、昨日早速見にいった。
植物園の正門近くにある温室の高山植物の区画に、青いけしは数本咲いていた。想像していたより、青は薄かった。ずいぶん昔、初めて3000メートル級の山に登った時、稜線の上に広がる空の色が焼き付いている。昼間なのに、星が見えるのではないかと思うほど深い藍色だった。ヒマラヤの標高4000メートルのところに咲くという青いけしはきっと高山の空の色をしているにちがいないと思っていた。それでも、大きな花弁で、すくっと伸びて咲く姿に気持ちが打たれた。高峰の花、空色も気品があって高貴に見える。うなだれて咲いているのは、日本の低地に、閉じ込められているからだろうか。
f0095745_12171850.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-20 12:17 | 見る | Comments(0)

ぶどう

レッドグローブ パステル 2014.4.18
f0095745_11534642.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-20 11:55 | かく | Comments(0)

ニュートンの卵

ニュートンの卵は鶏卵の大きさで、ゴムでできている。口にくわえると、"ブヒー、ブヒーと高い音を発する。まだ小さかった頃、ニュートンの飼い主がペットショップのおもちゃ売り場で買ってきた。1年半ちかくの間に4、5個も買った。
ニュートンはこの卵で遊ぶのが大好きで、部屋の片隅にころがっているのを見つけてブヒーブヒーと音をだしながら、ばあちゃんのところにやってくる。膝に手をかけて、卵をばあちゃんにおしつける。投げて、といっているらしいが、固く咥えたまま離さない。むしりとって放り投げると、ものすごい速さで卵を見つけ咥えてまたばあちゃんのところにもってくる。かなりしつこくて、年寄の身には応える。忙しいときにやられると、うんざりしてくる。投げて欲しいなら口から離せばいいのに、そのつどもぎりとらなければならないので結構疲れる。ところが、ある日、ばあちゃんが食事の後片付けかなにかで忙しくしていて、ふと部屋の隅を見ると、ニュートンはその卵を猫のマロンの前にポトンと落として、伏せをしてマロンを見つめていた。僕と遊んで、といっているのか、卵あげるよ、といっているのか、マロンの反応を待っている様子だった。マロンのほうはまったく関心がなく、ちらっとみてそっぽを向いてしまった。するとニュートンはまた咥えなおして、マロンのすぐ前にポトンと落とす。ばあちゃんにもそうしてくれたら楽なのにと思いながら、一体どういうつもりなのだろうと、犬と猫の気持ちを推し量って面白かった。
f0095745_118833.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-17 11:08 | うちの仔たち | Comments(0)

ばあちゃん・・・

夕方買い物から戻ると、うちの仔達が寄り添って、外を見つめていた。マロンの背中にニュートンがぺったりくっついて、同じ方向をみている。いつもニュートンに追い回されて、逃げ回っているマロンがじっとしているのに驚いたのと、兄ちゃんにたよりきっているニュートンがとてもかわいらしく、急いで携帯を取り出しシャッターを押した。その数秒前に2匹は私に気が付いて体が離れてしまった。私がいないときには、仲良く寝ているのかもしれない。
f0095745_1425462.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-13 14:14 | うちの仔たち | Comments(0)

名残りの桜

家の近くの桜はほとんど散って葉っぱが目立つようになった。大阪の友人から朝電話があって、前もって話していた平安神宮の紅枝垂れ桜を見に行くことになった。
10時半に四条河原町の高島屋前で落ち合って、市バスで平安神宮に向かった。
よく晴れていたけれど、風が少し冷たい。午後には四月中旬並みに気温が上がるという予報でコートなしで出てきたので行きは少しばかり寒く感じた。
神宮の鳥居前の疎水の桜並木も葉桜になっていた。そのせいか人でがすくないようにおもったけれど、神宮神苑に入ると沢山の人で、どこから湧いてきたのかとびっくりした。
紅枝垂れは満開だった。桜の下に立つと、気持ちが浮き立つのはなぜだろうか。ふと西行法師の和歌(願わくは 花の下にて春死なむ その如月の望月の頃)を思い出した。
来年の桜をみることができるかどうか、その時の花など逃がさずにみておかないとね、と友人と話しあった。
神苑をぐるっとまわってもまだ正午になったばかりだった。足を伸ばして、南禅寺から水路閣に向かった。ローマの水道橋にならって作られたという水路閣の煉瓦作りのアーチは何度見ても素晴らしい。友人が上に上がられるらしい、というので、橋をくぐり細い山道を登ってみた。水路には琵琶湖から引いた疎水が流れていた。橋は結構高いところにあって、したを見ると足が震えそうになった。暗渠の先からは京都市街が一望でき、廃線の両側は桜並木だった。最盛期は見事な眺めだったろう。来年があったらこの場所にこようとおもった。
f0095745_1464392.jpg


f0095745_1472081.jpg


f0095745_148741.jpg


f0095745_1483759.jpg


f0095745_149119.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2014-04-11 21:25 | 歩く | Comments(0)

Windows8.1

年明けからMy PC VISTAの調子が悪い。急に画面が消えてしまったり、動作が固まったりする。強制終了をすると、重大なエラーが発生、云々というようなメッセージが横文字でずらずらーっと表示される。いよいよご臨終かと思うと、重大なえらーを修復しました、とメッセージが出て動き始める。やれやれと思ったとたん、画面が真っ黒に、あるいは真っ白に・・・・。先月のはじめ、XP乗り換えに、と新聞に買い替えのPCの宣伝がでていたので、消費税が上がる前にと思い切って注文した。本当はMACが欲しかったのだけど、お高いようなので、ウインドウズにした。わずかだけど高齢者割引もついている。Officeも入れて、最新の8.1を購入した。
3週間待ってやっと到着した。喜んで開けてみると、仕様書なるものがついていない!!電源を入れれば今まで通り動くと思っていたのは甘かった。セットアップの途中でまず躓き、終電で帰ってきた娘になんとかしてと泣きついた。疲れと眠気で彼女相当期限が悪い。それでも何とか動くようにしてくださった。それから今日まで私は新しいノートPCと悪銭苦闘。8.1は、これまでとはまるで違う。いろいろなことができるらしいのだけど、シャットdownの方法から違っている!!本屋さんで8.1のスピードマスターという本を買ってきて、読みながら、ブログを開くところまでやっとこぎつけた。老いの身には酷な作業だった。写真の編集アプリもdownロードできたらしいけれど、次にまた動くのか自身がない。このPICASAも新しくなっていて、今まで使っていたのとメニューがちがっている。悪銭苦闘の末、なんとかトップを変えることができた。今日はここまで。明日もきちんとできますように!!!(メモしてなかったので、またゼロから始めることになりそう)

[PR]
by babamama_123 | 2014-04-02 15:41 | 日々の記録 | Comments(0)