<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

早春賦


f0095745_12422426.jpg


f0095745_12425436.jpg


f0095745_12431849.jpg


f0095745_12434672.jpg


f0095745_1244971.jpg


年が明けて、早ひと月。明日はもう2月。節分もまじかの今日、晴れ間はあるものの、雪がちらちら、北風も吹いて寒い。朝の片づけを済ませて、お天気が悪くならないうちにニュートンを散歩につれだした。パーカーの上にダウンジャケット、さらにマフラーをぐるぐる巻いて、手袋に、もこもこブーツを履いて外にでた。十時を回ったこの時間、猫のマロンは寝ているので、少し遠くまで歩く。マロンが起きていると、うれしそうな顔をしてついてくるので、遠くまで行けない。
今日は東に向いて下津林に向かった。新山陰街道を北に入ったあたりは、おおきな旧家が並んでいて、畑も広がっている。愛宕・・・と書かれた石が辻に所々立っていて、塀にはお地蔵さんがならんでいる。多分愛宕さん参りの道になっているのだろう。愛宕山の西の山は白く煙っている。愛宕さんは雪が大分積もっているにちがいない。
道はまだ濡れていて、アスファルトが切れるとぬかるんでいる。元日に滑って尻もちをついているので、ニュートンにひっぱられながら用心して歩いた。雲がよって、雪がちらちら舞ったかとおもうと、切れ間から日が射す。あたりがいっぺんに明るくなって、まぶしいくらい。日差しも暖かい。けれど、風は冷たくて、頬っぺをさす。歩きながら、自然と早春賦を口ずさんでいた。
フェイスブックに梅の便りがでていた。どこかに梅が咲いているかもしれないと、カメラを持ってきたのだったが、どこにもなかった。家の玄関まで10メートルほどのご近所に、蝋梅がさいているのを見つけた。もうすぐ春。

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-31 12:47 | 日々の記録 | Comments(0)

リトライ

先週、土曜日の絵画教室は先生のご都合でお休みになった。振替は水曜日になった。なんとかまとめたイメージ画を見て、今度こそはぶれないでください、これで最後までとおすように、と先生に言われ、気持ちを引き締めてとりかかった。全体の色調をみたいので、手荒に色を塗りたくってみた。塗り終えて、全体を見ると、又なんだかちがうような気がして、気持ちが揺れる。植木鉢の色が青なので、背景を赤だけにして、りんごはやめようか・・・などと思い乱れる。私って、ホントに困った婆さん。
f0095745_15363419.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2015-01-30 15:36 | かく | Comments(0)

お家歓送会

先週、娘の東京への転勤が決まった。2月着任。急いで住居をさがさなければいけない。とりあえず、インターネットで住居を決めたものの、引っ越しの準備は全くしていない。それなのに、今週は東京出張に、遠方の仕事もあって家にいないという。ということは、家族揃っての食事は今日が最後ということになる。婆さんの手料理もしばらく食べられないだろう。盛大な料理で送ってあげたいところだが、気持ちは盛大に、料理はあり合わせの材料でつましくすませた。
お粗末でした。
f0095745_12225445.jpg
・パッタイ(タイ風焼きそば)
米の麺、えび、卵、ニラ、もやし。上にアーモンドを散らす。
f0095745_12231858.jpg
・野菜のライスペーパー巻き
えび、裂いた胸肉、人参、京菜、アボカド
f0095745_12234226.jpg
・黒毛和牛の細切れ焼肉

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-26 12:24 | 日々の記録 | Comments(0)

"ぶれる"ということ

土曜日は絵画教室の日である。今年2回目、先週画面全体に薄鼠色のグレーズをかけたので、形と色を整え、一歩前進させるつもりだった。すこし遅れて教室に入ると、また一人若い女性が増えて、それぞれ課題に取り組んでいた。日本画の人、立体をデッサンする人、みなさん一生懸命に取り組んでいる。机の間にキャンバスを立て、絵具を用意して、まず石膏の輪郭と陰影をつけ始めた。青みがかったグレイで影をつけたかったけれど、中々思うような灰色ができない。試しに色を乗せたら、汚い色になって、自分でもまずいな、とおもっているところに、先生がうしろで、前のほうがよかった、と言われた。私、すっかり動揺してどうしていいかわからなくなった。やっと思い直して、描き直したい、と言うと、先生、仕切り直しですね。それもいいでしょう。でも今度はぶれないでくださいよ。何をイメージしているのか、明確でないからぶれるんです。と痛いところを突かれた。確かにそのとおり。でもこの石膏にどうイメージしていいのか。そもそもイメージがわからないのですと言うと、どんな色合いにするかとか・・・ということですと言われた。そして一度決めたら迷わないことです。小さな紙に、自分のイメージするものを描いてみることです。
先生は盛んにぶれるな、とおっしゃる。いわれる度に、私はズキンとする。そもそも私というのは、ぶれぶれ、まよいっぱなしで、ふらふらとうん十年を過ごしてきたのだから。、自分へのイメージというか、確固たる信念みたいなものは、持っていたのかどうか。情けないことに、昔昔はあったような気もするけど、何時何処で捨てたのか、なくしたのか、思い出せない。今ではぶれぶれ、迷い人が自分なのだとひらきなおっている。
先生の言われたように、小さな紙にとりあえず色合いを見るため水彩色鉛筆で描いてみた。
背景に明るい赤とくらいブルーを入れてみた。大きくしたらどうんな感じなるのか自信がない。
f0095745_14541939.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-20 14:54 | 日々の記録 | Comments(0)

昨年の秋、JR桂川駅前にイオンがオープンした。店舗の駅前の入り口から西側に1キロ以上あるのではないかと思うほど大きなスーパーである。目当てのお店を探してあるくだけでくたびれてしまう。先週、今年初めていってきた。目的の買い物と用事をすませて出口に向かうと、冷凍食品の値引き販売に引っかかってしまた。間もなく値上げされるとTVで報道されていたので、昼食用に買っておいてもいいかなと思った。五百円以上買うと抽選券一枚くれるという。2品買って一枚ゲット。くじ引きのコーナーに行く。私の前は、子供連れの若いお母さんが箱から三角くじを引いていた。はずれだったらしい。残念でした、と言われ、小さな飴玉を一つもらっていた。どうせ私も雨玉かティッシューだろうと、一枚引っぱり出してかかりの人に手渡した。すると、カランカランと鐘がなって、おめでとうございます~と大きな声で場内にアナウンスされた。え?と思ったらそれは私が引いたくじがあたりだということなのだった。2等賞です!とおごそかに言われ、小さな紙包みを渡された。
2等賞!初めての賞である。どきどきしながら封を開いてみた。なんと、中には写真のサービス券が一枚!これが宝くじだったら、少なくてもうん十万円~。複雑な気持ちになったけれど、2等賞は2等賞、文句を言ったらうんが逃げてしまう、とありがたくおもい、鄭重にバッグにしまい込んだ。つかっていいものかどうか・・・。失くしそうなので、保管場所を考えている。
f0095745_1243330.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-15 12:48 | 日々の記録 | Comments(0)

グラノーラ作りました

なんということでしょう、気が付けば、+2!
昔昔、小学生の頃、"+2"は最高の評価で、通知表の+2の線上に○印があると、とても嬉しかった。でも今のわたしには+2は恐怖です。五年前、期せずして十キロの減量をなし遂げて以来、その体重をキープしようと決心してきたのです。毎日グラフまでつけて。五年前の体重にはボーダーラインとして赤線を引っぱってます。
それが、寒くなってから、少しずつ右肩上がりの線になって、ボーダーラインに限り無く接近しつつあります。この冬2キロも増えてしまいました。予想はしてたので、お餅は気をつけて、家人の半分以下に控えていたのに~。ダイエットします!そう決心して夕食に穀類を止めようとしたのですが、夕方になると、お腹がすいて、穀類、糖類、(大好きな、天津甘栗も、密かに一人で食べたりして)手あたり次第口に入ってしまいます。 それで、夕食は、少量でカロリー控えめ且腹持ちのするのヨーグルトを頂くことにしました。トッピングに、ぐらのーらをかけて。昨日、以前から作ろうと用意していた材料で、簡単グラノーラを作りました。甘さ控えめで、結構おいしくできました。
f0095745_143787.jpg

f0095745_14121966.jpg

f0095745_1433232.jpg

フルーツ以外を乾煎り
f0095745_1443265.jpg

テンサイ糖にお水を加えてとろっとするまで煮詰める
f0095745_1465149.jpg

煮詰まったら、乾煎りした材料、どらいふるーつを加えて、混ぜて絡める。
f0095745_1492874.jpg

シナモンパウダーを入れ忘れた。たべるときに加える。
甘栗つらいけどやめようかな~。あ~ でも やめられない、とまらない、天津甘栗~

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-14 14:10 | Comments(0)

今月の本


f0095745_1511978.jpg
これは2013年9月に初版が出て、同年12月には第9刷りとなったベストセラーの本である。図書館に返本に行ったとき、返却本棚にあったのを見つけて2014年の暮に借りた。
初版が出て1年以上たっているのに、書かれていることがまさに現在と重なって、まさかと戦慄が走った。
東北大震災から2年、衆議院選挙で保守党は圧倒的勝利を収める。関東電力幹部は政府に働きかけ、あと新崎県知事の反対を止めるだけで、原発の再稼働に向けた基盤は整った。原発再稼働反対のデモも次第に勢力がなくなる。清廉潔白で、県民の支持も高かった新崎県知事は保守党の黒幕的人物によって身内の贈収賄問題をほじくり出され、失脚に追い込まれる。そんなおり、再稼働を止めようと立ち上がる元女子アナウンサーが活動を始める。元女子アナウンサーと左遷された若い官僚が組んで、関東電力と政治家の密会のもようをリークしたが、それも黒幕により暴かれ二人は逮捕される。
面倒な輩をすべて始末して、新崎原発は再稼働する。
その冬、東京は突然停電になる。新崎原発の送電線が切れ、原発はメルトダウンをはじめていた。新崎県から逃げ出そうとする群衆で県内外はパニックになる・・・・
(冒頭で、元電力会社員が左遷の憂き目にあった個人的怨をはらすべく、新崎原発の送電線を切ろうと、吹雪に紛れて厳寒の山を歩いていた・・・)
第1ページに
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は喜劇として(カールマルクス)
最後に
フクシマの悲劇に懲りなかった日本人は、今回の新崎原発事故でも、それが自分の日常生活に降りかからない限りは、また忘れる。
のど元過ぎれば熱さを忘れる。日本人の宿あであった。
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は喜劇として
f0095745_15113048.jpg

百歳老人。自分の百歳の誕生日のパーティーが開かれる数時間まえに、老人はふと思い立って老人ホームの窓から外に逃げ出す。スリッパをはいて少しばかりのお金をポケットに持ってすたこら出ていく。計画も、あてもなにもない。バス停で、有り金でいけるだけのところに移行とバスを待っていると、若者が来て、トイレにいくので、見ていてくれ、とキャリーを預ける。そのすぐあとバスがきたので、百歳はキャリーを失敬してのりこんだ。これが百歳の冒険のはじまり・・・・
キャリーの中身は強盗の莫大なお金がギッシリだったのだ・・・

海うそ
九州の離れ小島のお話。筋は省略。五十年前の集落と島の自然、宗教と生活など、なつかしい気持ちになる。

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-13 15:11 | 読む | Comments(0)

初詣

おせちをいただき、雪見酒を楽しみ、お腹が落ち着いた頃、恒例の初詣にでかけることになった。外はまだ雪が降りやまない。屋根も車道も真っ白。そとは雪で白々してはいrけれど、もう夕刻に近い。足元が危ないなとつぶやいたけれど、明日は雨、今日しかない、と若い者の言葉に従って、傘をさして、近くの松尾大社に出かけた。
さすがにこの雪で人混みは少なかった。屋台の前に立つ人もなく、商売あがったりだろうなと、他人事だけど心配になった。とうぜんお賽銭もすないだろうと思いつつ、少ないお賽銭を投げて、良いご縁がありますようにと、筋違いな願い事をして手を合わせた。
松尾さんの売りであるお酒も人が少ない。娘が枡酒を買いに行くと、裏で災害があったとかで、神社の人手をとられて、もう終いにするところだと言われた。それでも二枡お神酒を頂いて、夕暮れの中帰路についた。電車の切符を買って待っていると、タクシーで帰るからと呼ばれて、向かう途中、足を取られて滑ってしまった。注意して歩いていたので、大事には至らなかったけれど、思いっきり足を延ばしてしまったので、筋が引っ張られて、左足のひざ裏と、右足のくるぶしが2日間ほど痛かった。滑り初めとは、今年は覚悟していかねばならない・・・
f0095745_16261685.jpg


f0095745_16282970.jpg


f0095745_1629358.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2015-01-05 16:31 | 日々の記録 | Comments(0)

年末・年始の宴

2014年はバタバタと過ぎ、知らぬまに2015年の初日を迎えた。日の出を拝むまでもなく、朝起きると部屋が異様に明るいのに気が付き、外を見ると一面の白銀の世界であった。もうびっくり!自分が北陸のどこかにワープしてしまったのか、と思ったくらい。
雪が、旧年中の汚れを覆い隠して、世界を真っ新にした・・・、素晴らしい年明けではある。しかし寒い。暮れから、正月休みの間中、ガスストーブをゴーゴー燃やして、心はガス料金のことを考えて凍てついてしまった。
年末から娘の友人が来宅してくれ、平素は老人だけの家が幾分はなやいだ。娘の援助もあって、大晦日、お正月と、結構なご馳走を頂き、また一年命ながらえそうな恵に感謝!
大晦日
アンコウ鍋と、松葉のにしんそば(お友達持参)
f0095745_1556279.jpg


f0095745_15565474.jpg


シャンパンで乾杯、大鍋を平らげ、にしんそばをいただき、紅白歌合戦が終わるころ、お爺様が突如、"にしんそば食ってない、はよ出せ!"と言う。一瞬他三人はかおを見合わせて、黙りこくってしまった。しばらくして、
"さっき、食べたばかりででしょ"
"Hこのもってきたにしんそば、うまいなぁ、さすがまつばのそばやなあ、っていってたじゃない"
と娘。
婆さんは、ぼけ元年になったらどうしよう・・とはらはらしました。
除夜の鐘をききながら、お節料理を作り、なんとか形になったら、もう新年も2時間過ぎていた。
f0095745_15583855.jpg


f0095745_15592139.jpg


f0095745_15594359.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2015-01-04 15:24 | Comments(0)

新年のご挨拶

明けましておめでとうござおます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆々様のご健康と、ご多幸をお祈り申し上げます。

婆さんの年頭の誓い
今年もなんとか頑張っていく所存でございます・・・・

[PR]
by babamama_123 | 2015-01-01 01:37 | Comments(0)