水漬けスパゲッティ

NHKの今日の料理で、水漬けスパゲティーでナポリタンを作っているのを見た。早速昼ご飯に試してみた。イタリアンのシェフはその時、生パスタとアルデンテの間のようにできるといっていたけれど、そんな感じで、おいしくできた。
スパゲティーはスーパーで売っている1.6か1.7ミリの太さのもの。朝ごはんの後片付けの後に水につけた。寫眞は2時間半経った状態。
f0095745_1702460.jpg

フライパンにありあわせの具材とオリーブオイルを入れて炒め、半カップの水を足して、水を切ったパスタを入れて炒め、水分を飛ばす。熱を加えると、ふやけて白っぽい麺の色が、艶のある小麦色に変わっていく。全体の色が変わったら出来上がり。
f0095745_1705635.jpg

大鍋を出して水を沸かしゆでる手間が省けて、すぐにできるので気にいった。もう3回もこれでつくっている。

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-20 17:01 | 食べる | Comments(0)

待ってました~

f0095745_16452196.jpg

先月の中頃に注文した眼鏡ストラップが入荷したと連絡が入った。
早速電車に乗って烏丸のお店に向かった。
このストラップを見たのは、2月だったか3月だったか。絵画教室で一緒になるMさんがつけていたのを見た。かけたりはずしたりするのにとっても便利だと、言われたけれど、それよりあまりにもかわいらしかったので、私も欲しくなった。売っていたお店を聞いて、すぐにいったけれど、完売で在庫もないと言われた。ほかのお店にあるか調べてもらったところ、博多に一つあった。すぐに注文してもらって、待つことほぼひと月。やっと私のところにやってきた。それから毎日胸にブル下げている。近眼の眼鏡だけれど、近場はかけないほうがよく見えるのだ。はずして置くと、置き場所がわからなくなったりするので、こうしてぶら下げていると、探さなくて済む。かわいいし、本当に便利。

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-20 16:45 | 日々の記録 | Comments(2)

木曜日に爺様が退院したばかりなので、今週の絵画教室は休むことにした。そろそろ爺様のお昼ご飯の支度をしようかという時間にメールがはいっているのに気が付いた。教室のNさんからで、東北旅行のお土産をわたしたいという内容だった。教室は1時に終わる。1時半に駅近くのパン屋さんで、Nさんはランチを、私は食後のコーヒーを飲みながら旅行の話や本の話などをして息抜きをし、たくさんのおみやげまでいただいてきた。
Nさんの東北旅行は今回で3度目か4度目かになる。東北大震災後の復興支援の一環の旅行で、今回は連休に女川周辺のプログラムに参加された。震災前と今の寫眞を見せていただいた。更地になった海岸周辺が茫洋として痛々しい。復興は進んでいる部分もあるけれど、そうではないところもまだ多く残されているという。
今晩は、頂いたお土産をつかったメニューになった。
f0095745_225329.jpg

f0095745_22532961.jpg

○ふのりの酢の物(東北特産のふのりを水でもどし、しらすときゅうりを加えて甘酢で和えた)
○高野豆腐の牛肉巻き(お土産のしみ豆腐をつかうつもりだったが、半端の高野豆腐を使った)
○あなごの昆布巻き(おみやげ)
○味噌汁(胸肉のゆで汁にかぼちゃと大根の切れ端を入れたもの)
ふのりを食べて母を思い出した。
終戦から3年くらいたった夏の日。母は、狭い庭一面に反物を干していた。反物のりょうはしに長い竹串を弧にして、いくつもさし、布地をピンと張る。それからふのりを煮てといたものを刷毛で塗っていた。母の白い割烹着が夏の強い日差しを反射してまぶしかった。そのときから、ふのりはのりなのだとおもっていた。母が年老いたあるとき、ふのりの味噌汁をたべたい、といったのを聞いて、食べ物なんだと気が付いた。母が亡くなって、4年目になる。

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-16 23:10 | 食べる | Comments(0)

子に叱られる・・・・

「何でそうなるの?理由を言って!」
覚悟はしていたけれど、娘にきつく問い詰められると答えようがない。もごもごしていると、娘は延々と老母の私をしかりつける。ごめんなさい、これからはきをつけます、下出にでても、この前もそうだった、いつもおんなじことを繰り返す、何故だ!お母さんみたいな人がだまされるのよ!と言って怒らる。そのとおりだから、弁明のしようもない。
今週の始め、プロバイダーの乗り換えを薦める電話が入った。この地域の条件にあうひとだけのキャンペーンで、ひと月の料金が1000円安くなるという。いろいろ聞かれて、お宅は条件に合うからぜひ当社にきりかえるようにと言う。今より毎月1000円も安くなる、というのでぐらっと気持ちが揺れた。それを相手は素早く感知したのか、話がどんどん進んで、遠隔操縦であっという間に設定がされてしまった。最後に設定料が3000円かかるけれど、2か月間無料なので、お客様に負担はかからないようになっています。後日振込口座を記入する用紙を送ります。キャンセルは一週間以内にしてください。と言って終わった。電話が切れてから急に不安になった。こんなに簡単に話に乗ってしまっていいのだろうか。難しく考えることじゃないと言われたのがひっかかる。すぐにきゃんせるしようかとおもったけれど、1000円お得というのも気になる。土曜日に娘が帰へるのでそれまで保留することにして、友達にもプロバイダーの件をきいてみた。友達は知らない人からの電話はすぐ切ることにしているという。あなた疲れてるんじゃないの、と心配してくれた。
このところ夫の入院先にほぼ毎日かよっていた。通うだけで半日がつぶれる。退院の日が決まると今度はその費用が気になりだす。3週間以上、1割でも、どのくらいになるだろうか、と胸算用したりして、かなり混乱しているのは自分でもわかっていた。
娘が帰ってきてからとおもっていたのが、明日になるかもしれないと午後になってメールが届いた。それで電話でキャンセルを頼んだのだ。
しかしさらに考えてみると、これも危ないことだと今気が付いた。もし娘がいなかったらどうなる?電話で被害に遭うのは圧倒的に年寄が多いという。夫は頼りにならないから、私は独居老人と大して変わらない。しっかりしなくては、とおもうものの、まるで自信がない。なんだか電話機が黒い魔物に見えて怖くなってきた。

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-16 22:17 | 日々の記録 | Comments(0)

道端の草花5月10日頃

今月初めて、お気に入りの道にニュートンを連れて行った。道の西側に畑が広がるあぜ道は草花が生い茂り、東側はつるバラが塀を這っている。どんな花が咲くのか楽しみにしていた。連休前に来た時はバラのつぼみが固かった。晴れの日が続いたせいか、今来てみると、塀は赤、ピンク、黄色に塗られたようになっている。けれど、盛りの時は過ぎて散りかけていた。病院に行くついでに、少しだけ寄り道をして、草花の寫眞を撮った。昼すぎだったので、朝咲いていた花はもうしおれていた。
(オリンパスペンにクローズアップレンズで撮る)

カーラー
f0095745_22201110.jpg


ドクダミ
f0095745_22204266.jpg


シロツメ草
f0095745_22214493.jpg



f0095745_22222155.jpg


オオマツヨイクサ(つぼみ)
f0095745_22231036.jpg



f0095745_22234473.jpg


おまけ(バスの待合前の鉢植えの花)
f0095745_22243441.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2015-05-12 22:31 | 見る | Comments(0)

ヴィーナスとレモン

久しぶりに絵画教室に行く。今日は、鉢植えの観葉植物に絵具を重ねた。
この絵、そろそろ終わりにしたいのだが、レモンとリンゴ、コップをもっと丁寧に、と先生に指摘された。わかってはいるけど、私には限界かな、と思う。正直に言えば、もう飽きてきた。すみません・・・。
f0095745_22232773.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-09 22:23 | かく | Comments(0)

ケイタイ・パニック

今日はとにかく忙しかった。夕方には返品の引き取りとAコープの人がくることになっている。それまでに猫のマロンを動物病院に連れて行き、じい様のお見舞いにもいかなければならない。
朝の片づけを終えてすぐに、動物病院に向かった。病院は歩いて7,8分のところにある。犬の散歩もかねて、ニュートンを連れ、マロンを入れたキャリーバッグをカートに括り付けて、歩いて行くと、病院の待合室はこみあっていた。これでは昼まで待たされそうだと、夜また来ることにした。
六時すぎマロンだけを連れて病院に来ると、先客がいてしばらく待つことになった。急いで家をでてきたので、婆さんはトイレに行きたくなった。目の前にあるトイレで用を足し、立ち上がった瞬間、カタンと音がした。ケイタイを落としたのに気づいて、ハッとしたが、もう水洗のレバーを押してしまっていた。流れてしまった、と思って、確かめると、白いケイタイは残っていた!一瞬ひるんだけれど、私は素手で水の中から拾い上げ、手ふきの手拭いで水をふき取った。
ケイタイは字のごとく携えているもの。つねに持ち歩くものだというので、外出する時は上着のポケットか、バッグの中に入れるけれど、家に居る時はエプロンのポケットに入れている。動物病院は、御近所のようなものなので、エプロンをつけたまま出かけてきたのだった。エプロンのポケットは浅くはないのに、何故落ちたのか。和式トイレだったので、動作が大きかったせいかもしれない。順番を待つ間、娘にメールをして、機能を確かめた。送信はできたようだけれど、文字入力がやはりおかしい。どうしよう・・・

[PR]
by babamama_123 | 2015-05-08 21:54 | 日々の記録 | Comments(0)