明け方の珍事

f0095745_16205651.jpg
パリパリ、カサカサ、という音で目が覚めた。まだ夜明け前。周りを見ても、薄暗くて音の正体がわからない。音が止んだのでまた眠った。しばらくするとまたガサゴソと音がする。少しあかるくなってきたので思い切って起き上がって見たら、音の正体は、ニュートンだった。小さな袋に口を突っ込んで暴れている。袋は、ネコのサンプル餌が入っていたものである。マロンは毎朝夜明け前に餌を要求して婆さんを小突き回す。昨日、それが嫌で夜餌を部屋のすみにおいておいた。空になった袋は、確かゴミ箱に入れたはず。
ネコ餌が大好きなニュートンが見つけて中の餌を食べようとしたのだろう。餌を探して、袋の奥まで口が入ってしまった。けれど匂いはすれど、物はなし・・・・。残念でした。003.gif

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-28 15:59 | うちの仔たち | Comments(2)

大原野のアサギマダラ

f0095745_01381122.jpg
あおすじあげは
f0095745_01335943.jpg
アサギマダラ

f0095745_01321330.jpg
f0095745_01294424.jpg
f0095745_01302525.jpg
ふじばかま
五連休は今日でお終い。部屋の掃除などしたいから、早めに帰るという娘に頼んで、車で善峰寺近くまで行ってもらいました。
善峰寺近くに、フジバカマの畑があって、そこにアサギマダラが飛来すると地域の新聞にでていたのです。今日が公開初日なのでした。

善峰寺は西山の上にあって、近くまでバスはあるのですが、バス停は一時間に一本。車ならすぐに行けます。昼までに戻るということでマタマタニュートン同伴、爺さん留守番で行ってきました。

昨日に続き今日も暑く、アサギマダラはちらほらとしか飛んでいません。とまっているのをみつけたので、かめrをもって近寄ったら、逃げられてしまいました。それからはチャンスは巡ってこず、帰りかけたら、また飛んできたのです。それを娘がいち早くスマホで撮りました。ちょうちょの写真は娘の撮影によるものです。


[PR]
by babamama_123 | 2015-09-24 01:44 | 日々の記録 | Comments(0)

MIHO美術館

f0095745_00502349.jpg

f0095745_00492255.jpg

f0095745_00453708.jpg

f0095745_00465166.jpg

五連休に帰省した娘に頼んで、MIHO美術館に連れて行ってもらいました。
この美術館、何年か前に絵画教室の先生から、勧められていました。教室のNさんからも、行ってみて良かったと聞いてもいました。行く機会もないまま忘れていたところ、今月の始め頃、大阪のお友達から、ご家族と行ってきて、とてもよかったと、聞いて、行こうとけっしんしたのですが、どうもとても不便な場所にあるようで、どうしようかと思案しているところに、娘が帰ってきたのでした。
娘は愛息子のニュートンを連れて行くという条件で気持ちよく承諾してくれました。
美術館内はペット同行禁止なので、娘はニュートンと車でお留守番。爺婆二人で観賞ということになったのですが・・・。爺さんは、元々リードの付いていない犬のようなひとなので、管内に入ってすぐ、トイレに行くと言って、そのまま消えてしまいました。いくら待っても出てこないし、男子用のトイレの前をウロウロして、そっとドアーを開け声をかけてみても反応なし。気が付かないうちに、会場を巡っているのだろうと、あわてて婆さんも入り探しました。足の遅い爺さんのことだから、すぐおいつくとおもったのですが、見当たりません。高齢で、病院通いの爺さんなので、ふと、トイレで倒れているのではないかと、不安になりました。美術館の方にお願いしてトイレをみてもらったのですが、いません。事情を話して、見つかったらお互い連絡するということで、一人で見て回ることになりました。

今回はトライアスロン世界チャンピオンが集めた日本の工芸、絵巻、着物等などや、中国、ビザンチン美術などでした。絵画はほとんどなく、レンブラントのエッチングが三点目についたくらいでした。

爺さんを目で追いながら、広い管内を全部見て回り、入口の案内カウンターの前まできたところ、カウンターの前にいるではありませんか。係の人と話している後姿は爺さんにまちがいありません。この人です、と指さしてかけつけました。丁度、かかりの人がビデオルームで見つけたばかりだったということでした。爺さん、シレットして、それから第二会場にむかったのでした。

婆さん、本当に疲れました。


[PR]
by babamama_123 | 2015-09-21 23:54 | 歩く | Comments(0)

爺婆の食卓 9月中旬

先週のこと、外出から、老居人がずっしりと重いレジ袋を持ち帰った。中身は茄子と、万願寺唐辛子。どうしたの、と尋ねても黙秘。それではどうすればよいかわからない。どなたかに頂いたものなのか、どうか。それでも料理していいと許可がでたので、早速りょうりしたのだった。食べ終わってから、駅前で桂高校の生徒さんから買った、といった。珍しいこと・・・!それにしても、桂高校の農業科の生徒達、最近家の前を通らないと思ったら、販路拡張で駅前までいっていたのか。ゴム長に作業着の男女生徒が、手押し車を引いて、"桂高校のトマトいりませんか~"と大声で歩いていたのに、今年はそのトマトついにお目にかからなかった。無農薬、有機肥料、とりたてのお野菜はとってもおいしい。
f0095745_16105592.jpg

茄子と万願寺唐辛子、ひき肉の豆板醤炒め。
ごぼうと豚肉のバルサミコ炒め
わかめとアスパラのマスタードマヨネーズ和え
茄子の即席漬け
とーふのカプレーゼ風(水切りお豆腐に塩麹をまぶして一昼夜寝かす)
f0095745_16115914.jpg

ごーやとキャベツのしゅうまい(エノキのみじんぎりと春雨の細切で増量)
五(八)宝菜

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-16 16:23 | 食べる | Comments(0)

緩やかな行進

f0095745_15505388.jpg

日曜の明け方、嫌な夢で目が覚めた。大事なもの、確かブランドの高価な眼鏡を二つもトイレ(ぼっとんトイレだった)におとして、衝撃をうけてめがさめたのだった。婆さんのメガネは格安品ばかりなのに、なんでそんな夢を見たのか。夢見の悪さはしばらく後をひいて離れなかった。それでも意を決して、版画教室に向かうことにした。
高島屋の地下から四条河原町の交差点に出て見上げると、吸い込まれそうな透明な青空が広がっていた。婆さんはそのまま吸い込まれたかのように、ふらふらと歩キ始めた。画廊を覗き、お腹を満たして、時間を見ると、教室はもう終わりに近い時間になっている。歩き疲れて、こむら返りの予兆も出始めた。今朝の夢を思い出して無理をするのは止めることにした。三条河原町でUして、四条河原町の交差点まで来ると、河原町通りをゆっくり流れる人の行列に出会った。"安保法制反対・・・"などと書かれたのぼり旗を持った人たちが、交差点に立つ警察官の交通指示に従ってゆっくりあるいている。車いすの人、子供の手を引いた若いお母さん、おじさんやおばさん。警察官は警笛をならすこともなく静かな行進だった。行列を見て、55年前の60年安保闘争デモを思い出した。
議事堂を取り巻いていたのは、若かった婆さんと同年代の青年男女(女子はすくなかった)。
ヘルメットをかぶり、角棒を一列にもってジグザグと激しく行進していた。全面に長い楯を持った機動隊の列。機動隊もまた同年の青年達だった。婆さんは、そのデモをTVでみていたに過ぎない。石が投げられたり、催涙弾やら放水やら、すさまじい光景くりひろげられた。そのデモで、樺美智子さんがなくなった。圧死だったという。
結局、時の総理岸信介は強行採決を決行したのだった。
あれから半世紀以上たつ。何も変わらないような・・・。
そんな国会議員を選んだのは私たちであることもかんがえなければならない。

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-14 14:51 | 日々の記録 | Comments(0)

道端の草花9月12日

東北は河川の堤防が決壊して、大変なことになっている。その上、今朝は東京で震度5弱の地震。地震の被害はなかったようだが、水害の被害は計り知れない。今年のお米の収穫はどうなるのだろう。大震災に続く水害。東北の方々のこれからの生活にまたさらに重圧がかかるだろう。ご心配申し上げます。
昨日、今日は台風一過の秋晴れで、とても爽やかな日になった。また降らないうちに、久しぶりに家の周辺の道端の草花の写真を撮ってきた。日陰は涼しいけれど、日差しは結構きつい。それにまだ蚊がとんでいる。ピンとを合わせるのに必死になっているところを、たちまち十数か所咬まれてしまった。ずうずうしく手の甲に止まったのは、シャッターを押す代わりに、蚊をたたいてやった。かゆくて我慢できないので、少しとって中止。
(関西は蚊に咬まれる、というけれど、関東は刺される、といいます)
f0095745_177241.jpg
むらさきしきぶ
f0095745_178227.jpg
水引
f0095745_1783455.jpg

f0095745_1785918.jpg
ツユクサ
f0095745_1793896.jpg

f0095745_1710132.jpg

f0095745_17102575.jpg
稲穂
f0095745_17111858.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-12 17:11 | 見る | Comments(0)

爺婆の食卓

9月に入って、よくまあ雨の降ること。最近の降り方は尋常でない。列島南から北まで水浸しである。こう毎日低気圧で、湿っぽい日が続くと、気分まで重くなる。ただでさえ秋風が吹き始めると、何となくわびしく感じるのに、この雨ですっかり気持ちが滅入ってしまった。婆さんの気持ちはブルーどころか黒にちかいグレイである。何もする気にならず、外に出るのもおっくうで、1日家のなかでうだうだしていると、すぐ夕方が来て、食事の用意をしなければならない。ぐったりして、昼ごはんも忘れる婆さんに比べて、老居人はとても元気である。よく召し上がる。夕方、おなかをすかして外からお帰りになる前に、婆さんは重い腰をあげて買い物にでかける。ついこの間、買い物帰りに、なんだかおかしくなった。冷汗が出て、膝ががくがくして、足元が浮くような感じ。これは低血糖だと、気が付いて、レジ袋からパンを出してかじりながら家に着いた。丁度帰ってきた老居人が血糖値を計るところだったので、ついでにはかってもらったら、70、だった。正常値は100。80以下は低血糖になる。低血糖状態が長く続くと頭がおかしくなるというからこわい。何故なったのか、考えたらお昼たべていなかったせいだとわかった。食べなきゃあかん!
老居人の為ではなく自分のために食事を作ろうと決心するのだが、やっぱりめんどうだな~。
というわけで毎日手抜き料理となりました。足りないといけないので、スーパー特製コロッケを必ず3個買います。

。さんまのパエリア。
グリルパンで、お米をオリーブオイルで炒めて、ありあわせの具材とさんま(先に焦げ目をつけて焼いておく)を乗せて、魚焼きぐりるに入れて15分。結構おいしかった。婆さんは三分の1しかありつけなかった・・・
f0095745_1641392.jpg


かぼちゃのそぼろ煮(婆さんの十八番料理)と今週初のおでん。ほうれん草としめじのおひたし
f0095745_16425273.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2015-09-11 16:14 | 食べる | Comments(0)

再々・・・読日本国憲法

十数年ぶりに日本国憲法をよんだ。高校、大学と必要に駆られて読んだけれど、頭に入っているのはごく一部。先日図書館で、"こどもにつたえる日本国憲法"が書棚に見えたので手にとり借りてきた。解説文は井上ひさしで、挿絵は、いわさきちひろである。かわいい子供の絵に、わかりやすい文章で解説してあって、固くなった婆さんの私にもよく理解できた。
解説の終わりに日本国憲法全文と前文が記載されている。改めて、前文から丁寧に読んだ。格調高い文章である。この憲法に関して、昨今色々いわれているけれど、私はやはり守るべきものだと考える。
敗戦によって降ってきたような平和を、維持し続けるのは、今が正念場だと、思う。
f0095745_16112455.jpg

f0095745_16114580.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-09 15:48 | 読む | Comments(0)

お家バル

昨日は銅版画教室の日だった。やってみたいモチーフはあるけれど、下絵をかいてみると、どうもよろしくない。孫の顔写真を転写して、孫の目線の上方に折り鶴がとんでいるイメージなのだが、背景は海にしようか、空に入道雲をうかせようか、それとも、文字の転写をしようかと、この2週間ずっと考え続けていた。テーマは憲法九条。文字は9条を切張りしようかと思ったのだが、ちょっとね・・・。エンブレムではないけれど、これってコピーじゃないか、とりようによっては表現がきついかも、と思い乱れてすっきりしない。結局先週に続いて今日もやすむことにした。夏の講座はあと2回しかないのに。雨だし、荷物は重いし、体調はいまいちだし、それに年だし、と自分で自分に言い訳した。
その代わり、出張で家に帰って来た娘に久々に母の味をと、料理に専念?することにした。といっても、年金生活、高級食材は無理なので、冷凍庫のお肉に、ありあわせのお野菜を使うことになる。それではあまりにも寂しいので、スーパーでシャルドネのワインを張り込んだ。一本600円・・・・。けど結構美味しかった。
メニュー
いろいろキノコのマリネー
木耳どっさりの中華風春雨サラダ。(木耳は高島屋で調達してあったとっておきの生木耳)
根菜のグリル焼き(ベーコン味、ニンニク、オリーブオイルで炒めてから魚焼きぐりるに入れて、アルミホイルをかぶせて蒸し焼き)
それに、鶏の田舎焼き(新聞にでてたもの)をと思ったが、解凍が間に合わなくて中止。その代わり、娘が手巻き春巻きを用意してくれた。
見た目は結構豪華だし、お味もなかなかでございました。
f0095745_12413699.jpg

f0095745_12415867.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-07 12:46 | 食べる | Comments(0)

冬瓜とかぼちゃ

9月最初の絵画教室の日。今日も描きたいモチーフが見つからない。他の方の為に用意された冬瓜とかぼちゃを私も描くことにした。かわいらしい形をした冬瓜で、子供の顔のように見える。けれど描き始めると、なかなか難しい。微妙にひしゃげた形の輪郭をとるのが難しかった。かぼちゃも複雑な線をしている。冬瓜もかぼちゃも、白く粉をふいているようで、本来の色が白の下に微妙に見えている。鉛筆ではその色合いがだせそうにないので水彩にした。かぼちゃには大分白をのせたけれど、乾くとまるで効果がでていない。アクリル絵具を使うといいと、先生に言われた。
f0095745_11583844.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-09-06 11:48 | かく | Comments(0)