夕方爺さんの弟君二人が大きな筍を持ってきてくださった。今年はないのかな?とあきらめていたので、とってもうれしかった。末弟は木津に住んでいて地元の里山保存活動クラブに参加している。毎年竹林の整理で筍を掘って配っている。今年はその竹の子が沢山生えなかったのだとか。茹でた太くて大きいのを3本頂いた。感謝感激。
こんばんの爺婆の食卓は、若竹に、昨日特売だったカツオの炭火焼き、それから玉ねぎと菊芋のジャンボかき揚げと冷や奴。新発売のアサヒドライプレミアムを 香りの琥珀に惹かれて、奮発した。結構濃い味であった。
f0095745_20390452.jpg

f0095745_20435415.jpg

めには青葉 山ホトトギス 初鰹 改め冷凍カツオ

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-29 20:21 | 食べる | Comments(0)

児童公園の藤棚

ニュートンと行く児童公園に藤棚があるのを去年見つけて、記憶の片隅にマークしておいた。桜が終わったころ、その藤棚を見ると弦が伸びて葉が茂っていたが蕾はみあたらなかった。それからほぼ隔日その棚をみにいったけれど、なかなか花が見えない。藤の花にあえたのはそれから1週間たった先週のことだった。棚の上の方に隠れるように花が咲いていた。藤の花は棚からさがってさくものだとおもいこんでいたのに、想定外の咲き方に少しがっかりする。それから2度ほどニュートンと散歩にきてみたけれど、下がっているのは端っこの方にちらほら。離れてみるととても藤棚には見えない。それから、また別の公園にも藤棚があったのをふと思い出した。次の散歩の日、カメラを持って、その公園に行ってみると、棚全体から藤の花が下がっていた。けれど、少し色が薄いような気がする。もっと紫に近い濃い色をそうぞうしていたので、ちょっとがっかり。
その日は近くの保育園のミニ遠足だったようで、半そでのTシャツ姿の園児が大勢遊んでいた。ニューっとんを見つけると、5,6人が寄ってきて頭をなでるやら、手をにぎるやら。ニュートンは小さな子供に囲まれて怖くなったのかばあちゃんの膝に飛び乗ってきた。写真どころではない。翌日は雨。今日ニュートンをおいてやっと藤の花を撮影した。
f0095745_15374749.jpg

f0095745_15381875.jpg

f0095745_15385083.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-29 15:39 | 日々の記録 | Comments(0)

黙秘します・・・・

昨日も今日も汗ばむほどの暑さ。いよいよ冷たいビールが美味しくなる時がきた。
昨日はアサヒスーパードライだったので今日は少しおやすくアサヒプレミアム500mlにした。ビールはケチって毎日1本ずつ買うことにしている。買い置きをするといつの間にかなくなってしまうからだ。夕飯前に買ってきて冷凍庫にいれキンキンに冷やし、料理が全部できあがってから出すことにしている。
今晩は、まず小松菜の塩昆布和えを作り、ぶりの塩麹づけを焼いているあいだに、わかめとキュウリ酢タマネギにちくわをいれて酢味噌和えをつくった。いつもより遅くなったので、取りあえずこの3しなを出して、残り物の野菜で天ぷらを上げにかかった。ビールはまだ出さない。犬猫がいるので全体に新聞紙をかけておいた。
てんぷらがあがったので、ビールを出し、自分用にコップ一杯とってのこりは缶ごと爺様の前に置く。爺様のお皿はもう空っぽになっていた。
天ぷらを出して私も食べようと新聞紙を取り除くと、ないっ!私の鰤がない!跡形もない!テーブルの上に下に影も形もない!
はんにんは誰だ?
猫のマロンならどこかにかすが落ちてるはず。ニュートンならかわを残すはず。爺さんが食べたのか?容疑者はこの3者であることは間違いない!どこだどこだと物証を探す私に容疑者は目もくれずしら~っととぼけてものもいわない!
黙秘権の行使である。ただ限りなく黒いのはテーブルの下でおとなしいにゅーとんであった。
f0095745_20574183.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-25 20:22 | 日々の記録 | Comments(0)

試し刷り

試し刷り 1枚目は画用紙
f0095745_12185698.jpg

2枚目 版画用紙(ブレダン)
f0095745_12195944.jpg


2枚目はインクの拭き残しが多すぎた。
まだ腐食の段差がゆるい。それでも白のインクが乗ってよかった。

手順
 1.一番深いところ(グラス、ボトル、窓ガラス)にセピアと青を分けて詰め、はみ出たインクをできるだけきれいにふき取る。
 2.一番高いところ(ふしょくしてないところ)に白のインクを亜麻仁油で溶いて柔らかくして、硬いローラーにつけて、すーっと転がす。(インクが厚いと全体が白くなってしまう。最初それで失敗した)
 3.中ぐらいの深さのところに背景色(セピアに黄色を混ぜた)を柔らかいローラーにつけて、全体に転がす。(白の油分を多めにしたのでうまくはじいてくれた、みたい)

背景の色がちょっと渋いな~。これでは、飲むか飲まないか躊躇ってるみたいだな、と思う
もう少しオレンジ色が入ったらなと思う。

次週(注意 5月1日はお休み) ローラーにインクを厚くのせないことに留意して、あと1,2枚すってみる。

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-25 12:25 | かく | Comments(0)

今日はここまで

春季銅版画教室3回目。懸案の絵を転写して、腐食した。
今回も一版多色刷りでいこうと思う。それには、かなり深く腐食しなければいけない。
家で腐食止めを除いておいたのを、教室についてすぐ腐食液に40分つけた。ひきあげてみると、きれいに取り除いたはずの腐食止めが薄く残っていたのか、まだらになってしまった。
ベンジンで全面を洗い流して、もう一度腐食止めをかけて、つける。通算1時間30分くらい。もう終わりの時間にちかづいたので、本日はここまでにする。次回は少し浅い腐食をかける。
 この絵、題が先にわいてしまった。”琥珀の誘い”、正確には”琥珀色の誘い”。
何故だか自分でもわからないけれど、琥珀の透明なセピア色がいいなあ、と思っていると、グラスにに注がれた琥珀色のブランデーをイメージしていた。初めは画面いっぱいの顔にブランデーグラスが重なる絵だったのが、2転3転、5転してこうなった。
 仕事など諸々のことに思いつかれて、歩いていた女は街角の小さな酒場に誘われるように入った・・・。琥珀いろのブランデーに癒され、つかの間煩雑な日常から逃れる・・・、な~んちゃって・・・・

腐食している間に、折しも、中村先生からウイスキーをちょっぴりいただいた。
一口飲んだら、ガーン!一瞬ふらっと来た。アルコール40度、年寄りにはきつすぎた。
f0095745_14422565.jpg

f0095745_1442597.jpg

f0095745_14433793.jpg

f0095745_1444172.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-17 14:08 | かく | Comments(0)

さくら~さくら~

春はなにかと気ぜわしい。とうの昔に、卒業、入学、就職、などということにご縁がなくなったというのに、急かされるような気がするのは何故だろう。
さくら便りが届き始めたのは3月下旬だった。そのころ版画教室のある元小学校の桜はちらほらさきはじめていたのが、1週間のうちに満開になって、今はもう散り始めている。
この一週間、気持ちだけではなく用事が重なって忙しかった。桜の名所を訪ねることもできなかった。けれど、幸い京都はいたるところに桜がある。御所の桜も児童公園の桜も同じ桜、桜に貴賤はないものと、今年はニュートンの散歩がてらにお花見を楽しんだ。
うす曇りの空に溶け込むような桜を見上げると、気持ちが浮き立ってくる。さくらはやっぱりいいなあ、と思う。今年も桜にめぐりあえることができてほんとうに幸せ。

陸上自衛隊桂駐屯地の桜
2日前の土日はさくら祭りで市民に開放された。
f0095745_082486.jpg

f0095745_09026.jpg

f0095745_093575.jpg

隣接の官舎の庭はタンポポの花盛り
f0095745_010202.jpg

f0095745_0105193.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-04-09 00:14 | 日々の記録 | Comments(1)

ザクロのお酒蔵出し

一月以上前に仕込んだザクロ酒、今日味見をしてみた
ザクロのいろが淡くでて、味もほんのり甘い。
ザクロの味がでてるのかどうか、焼酎がきつくてはわからない。
ちょっと嘗めただけなのにいい気分になってしまった。
冷たい炭酸で割って飲んだらけっこういけるかもしれない
アルコールはかなりいける爺は、何故か見向きもしない。毒は入れてませんよ~
晩御飯は、豚肉の甘味噌いため、青梗菜そえ
新じゃがと新タマネギのベーコン炒め、わかめスープ
  豚肉はにんにくと生姜、甜麺醤に豆板醤少々まぜて炒め絡める。
  味付けに、紹興酒と鶏ガラスープのもとを少々加えた。

f0095745_20041638.jpg

f0095745_20044969.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2016-04-01 19:43 | 食べる | Comments(0)