花の名前

家の路地に奇妙な花が咲き始めた随分前からプランターに大きな葉っぱが出てきて、雑草のようでもないしなんだろうと放っておいたら今月のはじめ頃茎がどんどん伸びて花芽がついてみごとに開花した。植えた覚えがないから、鳥が運んできたというより、落とした糞に混じっていたものと思われる。
数日前路地を掃除していたら、お隣の御主人も庭木の手入れに出てこられて、おっ、ルピナスが咲いとる、とこの花をみていわれた
ルピナスなら植物園でみたことがあるので、ちょっと違う気がしたけれど、主人はルピナスですと断定されるのでそうかなと、ちょっとうれしくなって、抜かないでよかったとおもったのだった。
家に入って早速ネットでルピナスを検索して調べてみた。結果まるで違うことがわかった。豆科であることは確かであるけれど、葉の形が全く違う。それから思いつく限りの形容詞をつけて検索したけれど、ついにわからなかった。この花の名前が気になっては気分がすっきりしない。
もう一つの花はアジサイである。去年の秋版画教室の方から株を分けていただいたもので、名前もしっかり聞いたのだが覚えることができなかった。
最近新しい名前(だけに限らず)記憶力がすっかり衰えてメモをしないとわからなくなる。メモしてもどこにメモしたのかも朧気で何とも情けない。
でも一本の小さなっ挿し木から見事に咲いたアジサイの花がうれしくて路地をみるのが楽しくなった。
f0095745_17393367.jpg

f0095745_17401346.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-30 17:14 | Comments(0)

今日はここまで

5月最後の絵画教室。3週間おいて牛骨を描く。前は教室の前の方で少し離れたところに置いてみて、全体像の概略と角を描いた。
今日は教室はいつもより人がいっぱいで、空いているのは後ろの席だった。机に載せて間近でみて書くことになって、前と視覚が変わって、消して書き直すのに手間がかかった。
牛の頭蓋骨は実物であるけれどどの位年数がたっているものなのか、表面がざらざらしてもろい感じである。全体白い石膏のようであるけれど、黄味を帯びたところもあるし歯は固く象牙のようで、複雑である。
それを鉛筆でかき分けるのはとても難しい。2時間で半分しか進まなかった。
使ったのは、HB,H、F、2H。
f0095745_17125475.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-30 16:43 | Comments(0)

今週の初め、埼玉に住む妹からアスパラガスが送られてきた。近くの農家から取り立てを買ってきたのだという。かなりの量なのにasparagusより送料の方が高くついたらしい。
それから毎日アスパラガスをいろいろ料理していただいた!今日は残り全部を蒸し焼きにして食べきった。オリーブオイルとマジックソルトをたっぷりかけて焼き、バルサミコをかけて食べた。
何年も前、母が郷里の北海道から送ってもらったアスパラガスを娘たちに分けてくれたことがあった。妹もそれを覚えていた。母もその娘たちもアスパラガスが大好物である。母がなくなって3年あまり。
アスパラガスを頂きながら母や妹たちを思い出した。ありがとう、妹こ。
もう一品は日曜日版画教室の帰りに寄り道して食べた春雨の中華を真似して作ってみた。
キャベツの代わりに水菜を使って、胸肉の蒸し煮をさいて加え、中華風ドレッシングで和えた。
f0095745_21055887.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-26 20:41 | Comments(0)

あじさい咲いたよ


家事の合間に、銅板の傷を削って、磨くのに2日かけた。自分としては結構細かく丁寧にやったつもりだった。けれどすってみるとかくのとおり。思い通りにはならなかった。
まず一番深いところに空色とオレンジ色をつめる。
次に一番高いところに油分の多い柔らかなインク白を乗せる。
それからピンクのインクを中間に柔らかいローラーでのせた。
アジサイにこのピンクがのるはずだった。ところが白いインクが中間部分に乗ってしまって、
後から乗せたピンクをはじいてしまった。
中間部分の段差が浅かったためである。
まだまだ修行しないと・・・
帰り、ちょっとよりみちして、冷たい生ビールを飲んだら、スカッとした。心機一転がんばりましょう
f0095745_23471698.jpg

f0095745_23484277.jpg

f0095745_23492247.jpg


[PR]
by babamama_123 | 2016-05-23 23:44 | かく | Comments(0)

銅版画教室中日

5月15日(日曜)は春期講座の中日に当たる。教室では期間の初日と中日、最終日には飲み会が開かれる慣わしなので、そのつもりでいそいそと出かけた。こういう日は爺さんの夕食を支度が必要である。大抵はレトルトのカレー、高めのを用意するのだが、あんまりこればっかり続くと、具合悪いことになりそうな予感がして、今日はトンカツをつくった。朝食の後、お肉に衣をつけて油で揚げて、キャベツの千切りも添えた。
豚カツはレンジの中にキャベツは冷蔵庫に、ご飯はお釜にあるからと伝え、さらに足りなければレトルトのカレーを出しておくからカツカレーにすればいいと教えた。
教室につくと、前川先生自ら作られたという若竹煮を勧められた。筍は偶然にも昨日描いた破竹である。よく味がしみていて美味しかった。味わいながらつくづく世代の違いというか、男の人もいろいろだなあ、と思った。料理をするなんて、多分一回り以上は年上の爺さんには考えられないことだから。
また通称ケーキ屋けんちゃんからも手作りの酒粕のクッキーをいただき、世代の違いをさらに痛切に感じた。
飲み会は恒例の中華料理やさん。ここの豚足はさっぱりして私でも食べられる。豚足が大好物の爺さんに、ちょっと癪だけど一人前お持ち帰りした。
f0095745_14014353.jpg

銅板は通算2時間腐食した。腐食止めが薄かったせいか細かな傷が無数にはしっている。そのため青インクがきれいにふき取れない。来週までにきれいに磨くつもり

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-16 13:25 | かく | Comments(0)

破竹を描く

14日土曜は5月最初の絵画教室。先月の続きで牛の頭蓋骨を描くつもりでくると、机に破竹がおかれていて、それを描くことになった。大きな画用紙なので2本描こうと思ったら、1本描くだけでも時間がかかります、と先生にいわれて、まず1本書くことになった。時間があったらもう一本描くつもりで画用紙の半分下に描いた。
どうにかできあがったかなと時計をみると残り時間は15分。空白の多い作品になった
f0095745_13222451.jpg


先生曰わく、今日は珍しくシャープに描けましたね。
[PR]
by babamama_123 | 2016-05-16 13:10 | Comments(0)

道端の草花

やっとお日様が顔を出した。青空が広がって爽やかな風が流れている。昼近くなってニュートンと散歩に出た。
畑を巡る道は緑が濃くなって草の背も伸びてモコモコしている。草の葉の間には小さな花が生き生きと咲いている。
一昨日の雨で洗われ黄色や青色が鮮やかで艶やかである。足元やコンクリートの裂け目にもいろいろな種類の小さな花が咲いている。
お日様と水と空気があればどんなところにも小さな花を咲かせることができるんだ、とあらためて感激した。そんな小さな草花が羨ましい。
f0095745_21172848.jpg
花ニラーベツレヘムの星?
f0095745_21191691.jpg

f0095745_21202608.jpg
ウマのアシガタ?
f0095745_21212515.jpg
コオゾリナ?
f0095745_21223830.jpg
ナガミヒナゲシ
f0095745_21233390.jpg
スミレ

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-12 20:55 | Comments(0)

できました~

先日衣類の入れ替えをしたとき、何年も着てない衣類や、その内使おうと買い込んだ布地がどっと出てきた。
この先おそらく着ることも作ることもないだろうけど、かといって、一気に捨てるに忍びない。我ながら未練がましい。
古着は小さく切って、油拭きやぞうきんにできる。その内使うつもりの生地はどうしよう考えた末、大きいのはシーツに、小さいのはエプロンにする事にした。シーツはそのまま使えばいいけれど、エプロンは多少なりとも縫製しなければならい。面倒だなあとと思ってるうちにたちまち1週間が過ぎた。
今日何故かミシンを使ってみようと思い立った。20年以上前に買った結構高い電子ミシンである。ひところは何かとつかっていたけれど、この数年、少なくても5年は使わなかった。電源を入れて、使い方を思い出すのに数分かかった。けれどなんとか動かせた。端ミシンをかけて、両端を三つ折りして直線縫いし、ダーツを入れて、ポケットをつけただけの極めてシンプルなエプロンができあがった。紐やボタンはめんどうなので、とりあえず安全ピンで留めることにした。いずれマジックテープでも張り付けようと思う。
つけてみると、なかなかいい感じ。ポケットがとっても便利。携帯電話やメモ帳や忘れてはいけない書き物などを、常時いれておける。
久し振りに使ったミシンだけれど、使うことができた、という安心感に浸っている私である。
f0095745_14315281.jpg

f0095745_14322807.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-11 14:04 | 日々の記録 | Comments(0)

本刷り

今日は頑張って4枚刷った。どれも思うようにはいかなかった。どっちらかというと、今回も失敗。
失敗は成功の母、とつぶやいたら、失敗は失敗を呼ぶと、言われる御方いた。そんな~、でも今日はその通りだった。
背景に赤みがかった色を乗せたのだが、白に負けて、よく見ないとわからない程度にしか乗っていない。
3枚で見切りをつけようとしまいかけたら隣に座ってる上野さんにセピア一色で刷ってみたら、としきりに薦められて、すってみた。1色の方がいいと言われたけれど、次回も一版多色刷りに挑戦するつもり。懲りないばあさんである。
f0095745_23511743.jpg

f0095745_23514621.jpg

f0095745_23520943.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2016-05-08 23:24 | かく | Comments(0)

救い主? 現る

今日の昼過ぎ、パソコンを見にヨドバシカメラに行くことになった。
出かける間際になって、娘がちょっとみてみようと言い出した。ひょっとして機嫌が直ってるかも、と言う。とりあえず電源を入れてみると、同じメッセージがでたままだった。電話で言われたことを伝え、その通り娘がキーを叩くと、私の時は出なかった画面が表示された。しかるべき項目を選択してすすめていくと、ウインドーズの初期画面が出た!
もうびっくりだった。
データを保存してから初期化して、8.1に戻すことになった。
それから先はすべてお任せ。1時間あまりしてウインドーズがたちあがった。しかもウインドーズ10のままでデータも残っていた。壊れていなかったんだ。なにが原因であーなって、どうして戻すことができたのか。聞いても答えてくれない。やたらにさわるな、と厳しい。帰ってくるたんびに面倒なことがあると言われてしまった。面倒でも機械だからこの程度、親の体が壊れたらこんなもんじゃすまないんだよ、と言ったら、それもそうだと納得してくれたけど・・・
今度いつおかしくなるかわからないけど、私と同じでそう長くは持たないだろうから自分で保険をかけておこう。何かを節約してその分を貯金箱にいれることに決めた。
[PR]
by babamama_123 | 2016-05-05 20:45 | 日々の記録 | Comments(0)