南部小麦のパン

日曜日、少し早く銅板画教室に行ったところ、お目当てのパンを3つもゲットできた。製作者のケンちゃんの話では、南部小麦で焼いたもので、このまま食べるのが一番おいしいということだった。
パンは少し固めで、ずっしりと重い。噛むほどに深い味わいがでてくる。素朴で、懐かしいような味に、ふと昔食べた南部せんべいを思い出した。35年以上前、私達は青森に住んでいて、隣県の名物南部せんべいは、頂いたり、実家に帰るときの手土産にしたり、なじみのお菓子だった。くるみやゴマを混ぜ込んだのもあった。ケンちゃんのパンはそのせんべいの味とよく似ている。それで思いついて、アボガドと、トマトをごま油と醤油に漬け込んだものを載せて食べてみた。ごま油が小麦の味をさらに深めてとてもおいしかった。残念なことに、アボガドは料理するには少しばかり早くて、カリカリと固かったが、それでも、くるみに似ておいしかった。

f0095745_1318584.jpg

f0095745_13201960.jpg

[PR]
# by babamama_123 | 2009-05-05 13:20 | 食べる | Comments(0)

銅板画

f0095745_12543422.jpg2009年春の2つ目の作品
 さつきの風
 14.8×20.8cm
 ドライポイント

[PR]
# by babamama_123 | 2009-05-05 12:54 | かく | Comments(1)

豚インフルエンザ

今朝のニュースで、豚インフルエンザのレヴェルが5に引き上げられたと報じられた。4月に入って間もなく、LAの娘から、今年も6月の下旬に一家で帰省すると知らせがあった。去年に続き今年も日本で夏休みを過ごす計画らしい。そこへ、このインフルエンザ騒ぎ、どうするのかと心配していたら、航空券を先延ばしにした、と連絡があった。カリフォルニアでも大騒ぎらしい。
 この菌は気温が20℃くらいのときに活発に繁殖するが、それ以上になると弱くなるとか。ここ2,3週間がピークで、その後は落ち着き、秋口にまた流行するかもしれないと、昨日TVで某学者が言っているのを聞いた。
人も物も黴菌も、地球のいたるところに流れて、さすがグローバル化だと、感心してしまう。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-30 10:16 | 日々の記録 | Comments(2)

チュニック

f0095745_15285166.jpg街に出ると、スリムジーンズや、タイツにチュニック姿の女性が目立つ。胸のあたりからギャザーの入ったのやら、裾にフリルのついたのやら、似合っていて可愛らしい。大分前、一見妊婦服のようなルーズワンピースが流行ったのを思い出す。あれは着る気にならなかったけれど、ちょっと長めのチュニックなら、婆さんにも着れるのではないか。去年の秋口、街を歩いていたら外国の女の人が、ジーパンの上に長めのチュニックを着て颯爽と歩いていた。背の高いスリムな女性で、年恰好はアラフォー。白地にぶるーの模様で、みぞおちあたりに切り替えがあり、ブルーの縁取りがしてあった。一瞬のことだけど、とても爽やかな感じの姿が目に焼きついた。その時、婆さんもあんな色合いのあんなチュニックを着たい、と強烈に思った。そのときから、季節はずれの衣類がセールに出ると物色した。なかなか似たようなものがみつからない。暮に、色合いが少し似ているのを見つけた。半額だし、思い切って買った。家で娘にお披露目すると、「変!そんなの着て外に出ないで!」と、言われてしまった。やっぱり変なのか~。がっかりして、たんすにしまいこんだ。気温が高くなったころ、衣類の入れ替えをした。そのまま衣装ケースに入れかねて引っ張りだしてきてみた。おなかのふくらみをやさしくカバーし、結構いけると思う。胸元がVカットだともっとよかったかも。夏に見た外国人のチュニックに似たのを作ってみようかしら。
チュニック我も着てみん過ぎし春          拙子

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-29 15:32 | 日々の記録 | Comments(0)

胃検診

市の胃がん・大腸がん検診を受けてきた。本当は10日以上前だったのを、その前夜と翌朝に飲食をしてしまったので、今日に変更になったのだ。今回は、しっかりお約束を守って、前夜9時以降から今日の11時まで、食べ物は勿論、水一滴ものまなかった。大腸がんは前の指定日にベンを提出してある。今日は胃のみの検査なのだが、胸部レントゲン検査が無料で受けられるというので、それも受けた。肺がん、結核などの検査らしい。胃の検査は、バリウムの検査である。胃カメラは10年ほど前に数回検査を受けたことがあるけれど、バリウムは初めてだった。初めに白い粉末を口に入れ、それから、200ccくらいの白いどろっとした液体を飲まされる。それから、回転代の上にのり、体を自力でまわしながらレントゲン写真をとるのである。終わったときはかなり気分がわるくなって、もどしそうになった。娘が申し込んで、強制的に受けたさせられたけど、やっぱり検査は嫌いだ。バリウムを飲んだあと、下剤を渡されて、その場で水をコップ3倍ほど飲んだ。それから5時間たつけれど、お腹が重くかんじるだけで、およびがない。あの白い物質、無事でてくれるのか、不安が刻々つのるばかり・・・
[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-28 16:48 | 日々の記録 | Comments(0)