スーパーで

夕方近くのスーパーで、晩御飯は何にしようかとお魚を物色しているとき、「今晩は」と親しげに話しかけられた。知っているような顔、でもとっさに名前がでてこない。「うちのわこちゃんがね」と続けて言われたとき、やっと名前が浮かんだ。絵の教室の隣にある巽画材店の奥さんだった。画材店はこのスーパーから1キロ近くも離れている。もっとずっと近くに大きなスーパーがあるのに、奥さんは時々ここに来られた。冬の間に2,3回はこの魚売り場で出会っている。その時は、「わこちゃんが固形のキャットフードを食べなくて。人間よりわこちゃんの食事つくりがたいへんなのよ」といわれていた。
魚屋の前で立ち止まって話を聞くと、そのわこちゃんが、3月11日になくなった、と言われた。享年20歳。老衰なのだそうだ。なくなる一週間前から食欲がすっかりんなくなり、病院で点滴などしてもらったが、駄目だった。わこちゃんがいなくなってから家族三人の目の落ちどころがなくなって、なんとなく家の中がぎくしゃくした。やっとわこちゃんのいない生活になれてきたところだと、奥さんはすこしばかり声をつまらせた。婆さんにも覚えのあることで、なんと慰めようかと、言葉を捜していると、「そういえば、マロンちゃんのお母さんも先月いなくなってしまったのよ。手芸店の若奥さん、ずいぶん落ち込んでいたわ。でも子供3匹は元気にしてるから。真っ白いきれいな猫だったからね。どこを探してもみつからないのだそうよ」
それを聞いて、失踪してから三年になる寅雄を思い出した。その年のちょうど今頃、10キロほど先まで爺さんや娘と、とら、とらと名前を呼んで探し回った。同じように花冷えの、どんよりした天気が続いていた。
 原因は何であれ、死んでなきがらを目にすれば、やがて諦めもつくし、納得もできる。けれど行方不明といのは、いつまでも思いをひきずってたまらない気持ちになる。手芸店の若奥さんもつらいだろう。
長話のあと、魚売り場の前で画材店の奥さんと別れた。家に帰って、マロンのお母さんがいなくなったんだって、と家族に話すと、マロンには言っちゃ駄目、と娘に釘をさされた。
連休を前に、つらい事件で、人の世も冷え冷えとするこのごろである。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-27 15:53 | 日々の記録 | Comments(0)

寒い朝

f0095745_1015377.jpg

季節が逆もどりしたような日が続いている。陽だまりが恋しくなったのか、このところマロンは玄関で、野良の三毛子と寄り添い、仲良く暖をとっている。カメラを向けたら三毛子はあたふたと逃げてしまった。
       花冷えのひだまりのなか夢うつつ            拙子

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-27 10:39 | 日々の記録 | Comments(0)

アラフォー

今日はわが娘の誕生日である。生誕XX祭といきたいところだが、本人はこのところ仕事が忙しいらしく毎日、日付が変わる頃のご帰宅である。お祝いの言葉をメールで送るだけにした。満年齢XX才、アラフォー真っ只中の独身である。アラフォーというより、ニアフォーである。誕生日が来るたびに花嫁衣裳を着る日がますます遠くなる。そんな日はくるのだろうか。
 昨日、長田裕之と南田洋子の老老介護ドキュメンタリーを見た。お二人は、75歳と76歳、私とさしてかわらないお年だ。南田洋子はアルツハイマー型認知症にかかっている。しゃきしゃきした女性を演じていた昔の彼女を思うと今は悲しくなるぐらい痛ましい。病も災難もいつどんな形でわが身にふりかかるか知れない。他人事には思えなかった。それにしても、洋子さんはいい旦那様がいて幸せだ。私の場合はそうはいかないだろう。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-21 22:57 | 日々の記録 | Comments(0)

夜桜

f0095745_22475939.jpg
銅板画教室3日目
アクアチントのメゾチントを試しにやってみた。初めに銅板に松脂をのせて、全体を15分腐蝕した。それから絵に当たる分をこすって磨く。絵は夜桜を見に来た親子。子供の横に猫も書いたつもりが、見えてない。腐食のときに泡がでて腐蝕を妨げ、白い斑点が残った。腐蝕面を上にして液につけると斑点ができない。12cm×8cmサイズ

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-20 22:58 | かく | Comments(0)

竹内薫の本2冊

f0095745_1134432.jpg
f0095745_114284.jpg
著者「竹内薫」という人物は、1960年生まれで、東京大学、マギル大学大学院(カナダ)卒業の理学博士である。選考は物理学および科学哲学で、猫好きのユニークな人物である。著書を知ったのは昨年から購読している猫新聞の記事だった。2冊とも3ヶ月ほど前に買ったのだったが、読み終えたの昨日のことである。とても面白いのだが、なにしろ婆さんなので、目も頭も弱くなっている。5ページもよまないうちに瞼が自然落下して、おやすみなさい、となってしまう。でも楽しいほんでした。
シュレディンがーの哲学する猫
シュレディンガーは、20世紀を代表する物理学者です。かつて量子力学に出てくるその波動方程式が理解できなくて苦しんだ覚えがあります。彼は物理学者でありながら、「生命とは何か」などと追求する本も出したりしているようで。~の猫は、量子力学で言うところの物質の二面性ー波動と粒子をもじったものらしいのですが・・。はこの中に閉じ込められた1匹の猫は死んでいる状態と生きている状態が重なっているものだというのです。竹内薫は、あるときは過去の外国から来た猫(既に死んでしまった)になり、あるときは現実に飼っている三毛子に変身するというややこしい~猫、シュレ猫を使って哲学の初歩をわかりやすく説いてくれています。とても楽しく読みました。詳しいことは省略。
ついでに、シュレディンガーをもう少し知りたければ、下記のサイトに面白いことが乗っています。
http://www.qu-bit.com/Members/nonaka/schrodinger/index-j.html#dance
(Ψにφ、プサイにファイ、よの中みぃんな波だらけ、略・・sainnコサインタンジェント・・・

99.9パーセントは仮説(思い込みで判断しないための考え方
この本、結構売れてるみたい。19刷りです。面白いです。目からうろこかもしれません。
常識は仮説である。仮説はいつか覆される・・・
絶対の真理はない。真理はいくつもある・・・(時間や空間も絶対唯一ではない・・・)
等等。科学や社会通念などを礼にとってわかりやすく画かれています。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-04-17 11:55 | 読む | Comments(0)