ずいぶん前から、テレビで見て2月堂のお水取りを見に行きたいと思っていた。
今年こそはと2月の始めに思いながら、3月にはいると、寒さや雑事に追われて、その機会を逸してきた。
先週大阪の友人から電話があって2月堂のお水取りを見に行こうという話になった。お水取りは3月12日で今年は日曜日になっている。混雑が予想されるので、平日にお松明を見に行こうと決まった。
金曜日、近鉄奈良駅前に5時に落ち合って、歩いて2月堂にむかった。まだ明るく奈良公園の歩道には角を切られた鹿がたむろしていて歩行者のそばに寄ってくる。若い外国人の女性が餌をあげたりしているのを横目に私達はひたすら歩いた。今日は暖かいという予報だったが、風は冷たく寒かった。それでも石畳の坂道や階段を歩くうちにぽかぽかしてきた。公園のあたりはそれほどの人出はなかったけれど2月堂の下に来るともう人垣ができていた。丁度6時。これから6000人あつまるとアナウンスがあった。お松明は7時に始まるのだという。
7時に鐘がなって、それを合図に10本のお松明が順次2月堂に上ってくる。
お松明はおみずとりの修行をする11人の練行の足元を照らすためだと、3カ国語で説明された。
この日は11人のうちの一人処世界という役割の練行がすでに2月堂に上がっているので10本のお松明が上ってくるという。10本にかかる時間は20分。
それまで1時間!人がどんどん集まってくる。日が落ちて電気の明かりが一段と明るく、お月様も冴えてきた。
まだ30分以上もある。そのころになって急に風が冷たくなってきた。足下の石畳が冷たく感じ始め、からだも冷えてくる。友達は足がつったと建物のそばに行った。私は石段の上に立っていたのでそばに行こうと動いたらよろけてしまった。トイレにも行きたくなるし、7時までの30分の長いこと。私こそ苦行に耐える修行僧だと思った。
やっとお松明が始まって、5本も見てその場を退散したのだった。
帰りしな、やっぱりとしよりには無理だった!無謀だったとしきりにぼやいた。その舌の根も乾かないうちに、今年こそ鞍馬の火祭りを見に行こう!と話し合った。
来年があるかどうかわからないものね。歩けるうちだものね。
f0095745_12235822.jpg

f0095745_12242892.jpg

f0095745_12251079.jpg


[PR]
# by babamama_123 | 2017-03-11 11:27 | Comments(0)

2月最終週の版画教室で

冬期銅版画教室は会期の半ばを過ぎた。教室は今日も受講生が多数出席して作品の制作に励んでいた。その最中、市役所から二人こられて話しがあるといわれた。話のあらましは添付写真に書かれているように、教室のある元白川小学校を文化交流の施設として利用する事になったので、今年9月までに教室を明け渡すように、ということであった。
教室はしばし静まり返ったが、受講生から次々と質問の声があがった。代替用地の用意があるのか、その準備をしているのかどうか、等々。けれど何れにもはっきりした望みのあるお返事はいただけなかった。
3年前に市立美術館横の建物を撤去して、数ヶ月のブランクの後やっと地域の方々のご協力を得てここに再開になったのだった。いわば仮住まい、いつまでもここにいられるとは思っていなかったものの、今日の話は唐突でびっくりした。
あれこれいってもどうにもならないとわかってはいるけれど、お役所(京都市議会)のやり方に釈然としない。自分の何かを切り捨てられたような悲しさを覚える。
半世紀以上にわたって教室の運営に力を注いでこられた先生方や先輩たちの心中はいかばかりだろう。
なにか方法はないだろうか。事業所登録して応募して当たって砕けてみようか。どうせ長くはないいのちなのだから、などと無謀なことを考えている。
きょうの作品
f0095745_14310451.jpg

f0095745_14312758.jpg

f0095745_14314935.jpg

市役所のお達し
f0095745_14322463.jpg


[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-28 13:43 | Comments(0)

じじばばの食卓ー珍味

NHK朝一ごはんで紹介されていた納豆春巻きを作ってみた!
小粒納豆にピザ用チーズと刻んだキムチを混ぜて、大葉にのせて巻き、少ない油で上げ焼きした。至って簡単。大葉の香りとチーズとキムチの旨味が効いて、変わった味わいがする。お酒のあてにぴったり。爺さん、ウマイナコレ、と申されました。あとはこんにゃく6割の人参とインゲンのゴマ和え。
食卓のじじばばの会話
テレビのトワイライトエクスプレス瑞風の御披露目をみながら
婆「どんな人が乗るのかなあ~」
爺「お父さん、お母さん、これでゆっくり楽しんでくださいって切符もらうんやろ」
その後ニュースで教育勅語を園児に暗唱させている幼稚園の園長さんが表彰されたとかの問題を国会で質疑応答していた。
親に孝に・・・
今時そんなことしる子供がいると思えない。爺さん娘に期待してるのだろうか?
f0095745_20184353.jpg


[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-23 20:00 | Comments(0)

夕方になるとお尻に根が生えて動きたくても動けなくなる。優しいお嫁さんがいたらいいだろうな、せめて、食材を入力したら、パッパッと料理してくれるロボットができたらいいのに、とありもできもしないことの妄想に耽る。半分眠りかけていると、まずマロンが怖い目ですり寄ってくる。それからニュートンが猫の餌場をうろうろ、爺さんがうなり声を挙げる。婆さんは仕方なく重い腰をあげる。犬猫は別としてやっぱり一人がいいなあ、内心ぶつぶつ言いながら夕食の支度をするのです。
今日は格安のブリと、かきの買い置きを使った。かきは爺さんの好物ではカキフライにすればご機嫌なのだが作る側は手がかかるのと、油の処理が厄介なのとで作りたくない。オイルづけにしようと言ったら、かきご飯が食いたいとおおせになった。土鍋でご飯を炊いてる間に、
白菜の甘酢和え(ラーパーツアイ)、ほうれん草のピーカンナッツ和え、ブリのみ塩こうじ焼きの3品ができた。
ピーカンナッツは夏ロサンゼルスから帰省した娘のお土産。くるみと同じ不飽和脂肪酸の健康食品。クルミより甘いような気がする。生なので煎って使うけれど焦げやすいので気をつけないといけない。
牡蠣の釜飯、爺さん、「旨いな、このめし」といっておかわりした。
f0095745_20282661.jpg

f0095745_20285030.jpg

[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-20 19:54 | Comments(0)

懲りない婆さん

椿は結局失敗だった。失敗は成功の母(だっけ)と言われるから、次もこの経験を踏まえて一版多色刷りにする。我ながらしつこい。執着心が強いのは年のせいかもしれない。
今回は腐食止め液で銅版に絵をかいて腐食液に1時間半漬けた。ここまでの予定だったけれど、少し時間があったので試し刷りをした。
ローラーを選ばなかったので、案の定失敗。
f0095745_18120950.jpg

f0095745_18123878.jpg

f0095745_18130940.jpg

上の絵のような色合いになるといいのだけれど・・・
[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-20 17:57 | Comments(0)