残念!

晴れたら、桂離宮に行って、中村軒でゆっくりしようと思っていた。
少し遅く起きてトーストとコーヒーの朝食をとっていると雨が降り出した。今日雨は夜降るはずだった。
かつら離宮は近くなのでいつでもいける。今日はゴロゴロとゆっくりすることに決めた!

先週図書館で借りた本昨日読み終わった。とっても面白かった。
「ペトロ」 今野敏
古代史研究家の教授夫人が自宅でころされた。現場の部屋の壁に文字のようなものが刻まれていた
それから数日後遺跡発掘現場で教授の教え子が遺体で発見される。遺体のそばの地面に楔形文字が刻まれていた。
2件の連続殺人事件に深く関わる古代文字と古代史研究室の人々。
犯人は古代文字に関係があると捜査が始まる。

古代文字ーペトログリフ、というーと研究室の12人の弟子をキリスト教の12使徒にからめたお話し。古代文字についての記述が興味深く面白かった。
f0095745_12385243.jpg

f0095745_12402397.jpg

f0095745_12405259.jpg


[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-17 12:13 | Comments(0)

至福の時

今日は爺さんの温泉旅行に出る日のはずだ。爺さんの兄弟と従兄弟の4人でバスでいくことになっている。2月のはじめに義弟が家にきて話していた。
木曜日は家庭ゴミ収集日でゴミ集めに忙しい、その上車検の為朝車を取りにくることになっている。
ゴミを集めに爺さんの部屋に入ると、爺さんはまだ布団をかぶって眠っていた。睡眠を妨げるのもと思ったけれど、今日旅行じゃないの?、と声をかけた。爺さん寝ぼけ眼をあけて、ん?今日何日や?ときく。16日よ、温泉にいく日でしょう!
爺さんびっくりして飛び起きた。
今何時や?
8時半だけど集合時間は何時なの?
9時や!
それからばたばたとズボンをはいた。私タクシー呼びましょうか、と言うと今すぐ呼べと、爺さんすっかりパニクっている。ところがタクシーは10分待ちだった。どんなにあがいても京都駅八条口に9時につけない。悪いことに爺さん携帯電話をどこかに置き忘れて持っていないのだ。私の電話で義弟にかけ事情を話した。結局電車でひとり当地和倉にいくことに決まった!大丈夫だろうか、婆さんの危惧をよそにすぐ出て行った。
3時前、先に爺さんが旅館についたと連絡があったと義弟から電話があった。
今から婆さんの至福の時が始まる。今日は何をしようかしら。
明日はどこに行って、何を食べよう、考えるだけで楽しくなってきた
003.gif
[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-16 11:35 | Comments(0)

ロベールクートラス

大山崎山荘 で開催中のロベールクートラスの絵をみてきた。
手のひらサイズの物に深い色合いの不思議な絵が描かれている。重厚な塗りでタイルのように見える。エッチングじゃない?という声がして、よく見ると多色刷りの版画のようにも見える。ヒントをもらったような気がした。
2階の喫茶室にはいると、クートラスの絵がかかれたケーキがあったので、思い切ってケーキセットを注文した。
入場料と同額で、懐が一気に寂しくなった。
f0095745_20491612.jpg

f0095745_20494269.jpg

[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-08 20:19 | Comments(0)

昨日爺さんの弟が木津から来られた。京都市内の病院に知り合いを見舞うついでに寄ったと言うのだったが、
みかん箱いっぱいに入った野菜を持ってこられた。顔立ちは爺様によくにているけれど、気持ちは兄にくらべてとても優しい。義弟は兄ちゃんの様子をみるとすぐに出かけた。
頂いた野菜は多くて冷蔵庫に入らない。とりあえずベランダに置くにしても早く食べないと傷んでしまう。
昨夜はキャベツを半分と山芋を使ってお好み焼きにした。残りの半分は今晩、アンチョビー炒めと、千切りにして牡蛎フライに添えた。大根は半分を拍子切りにして即席ゆず大根漬けにした。
次はどうしようか目下考え中。
f0095745_22341693.jpg

f0095745_22344824.jpg

f0095745_22352029.jpg


f0095745_22354661.jpg

今日ー左は厚揚げの中華炒め(オイスターソース、甜麺醤、花山椒、紹興酒、醤油、にんにく少々)
[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-07 22:05 | Comments(0)

こら~っ!

ニュートン満4歳、人間なら多分30代。立派な大人。けれどニュートンの悪童ぶりはいっこうに収まらない。彼のせいで我が家は荒れ放題。
今日は散歩から帰って、家に入ったとたん大暴れ。5分前に配達されたばかりの夕刊紙はずたずた。なにに興奮してるのか、
一日に一度は猛烈に暴れる。
部屋中をぐるぐる走り回る、紙を咥えて振り回す、ソファーをガリガリと中身を掘り出す。そういうときに叱ったり、押さえようとしたりすれば、うなり声をあげて噛みつく。年寄りは呆然とみてるだけ。ひと暴れして興奮が収まると、膝の上に乗ってなにくわぬ顔で甘える。一体なにを考えてるんだろう。
一つだけ感心するのは、猫のマロンが帰ってきたよ、入れてあげてと教えてくrwるところかな。それ以外は×。
f0095745_22195143.jpg

f0095745_22203682.jpg

f0095745_22212138.jpg


[PR]
# by babamama_123 | 2017-02-06 22:00 | Comments(0)