この3日間

月曜、朝起きると声がでなくなっていた。喉の奥が痛むので気管支炎にかかったらしい。この2,3年忘れていた症状だった。火曜は人間ドックの予約日なので、前夜9時から何も食べずに7時過ぎに病院に行った。番号札をもらい、8時30分まで待った。幸い順番は1番だったので、検査は10時には終わった。ただし、喉が痛むので胃カメラは来週の火曜まで延ばしてもらった。
検査は血圧と身長、体重測定からはじまる。身長をはかるのは何年ぶりだろう。今頃はなにもかもでじたるで、身長と体重の値が書かれた記録紙がすぐに出てきた。身長がなんと4センチ近くも減っている。もう160センチ代ではなかった。いつのまにこんなに縮んでしまったのだろう。急に10歳以上も年を取ってしまったようでショックだった。そのため家に帰ると熱が出てしまい、めったにないことに、寝込んでしまった。熱のせいで口の中がまずく食欲がまるでない。丸2日食事をとらなかったら、体重が2キロ以上減っていた。10年ぶりに52キロ代になった。ちょっとうれしくなって、熱はほぼ平熱に冷まった。これをキープしようと決意しtのだったが土曜の朝には+1キロ。もう一回熱を出さなければならない。私の理想体重は52~53キロなのである。縮んだ分体重ももう少しおとさなければ・・・
昨日金曜は昼友人と”遊時”で蕎麦定食を食べ、腹ごなしというわけではないけれど、桂川まで1.5キロほど歩いた。時々雲がかかったが、暖かな日差しで歩いていて気持ちよかった。河川敷に踊子草がさいているのを目ざとい友人が見つけた。小さなピンク色の花で、菅笠をさした踊り子の形をしている。友人は小枝に止まっている小鳥をみてカワセミではないかという。私には、なにかのかたまりにしか見えなかったので、よく見ようと近づいたら飛び去ってしまった。鴨の群れが浮かんでのどかな風景だった。もうすぐ立春。寒さもしばらくの辛抱。
夕方は爺様と映画を見にいくことになっていた。いいだしたのは爺様、電話で聞くと未だ空席があるという。ちょっと脚が攣れて痛かったけれど付き合ってさしあげた。見たいのは、今人気の”アバター”である。映画を見る時はいつもペットボトルのお茶と、紙パックの牛乳。それに何か食べるものを欠かさない。今日は入院中よほどたべたかったのかかっぱえびせん1袋を持って入った。映画がはじまると、すぐにとなりからいびきがきこえてくるのだったが、今回はポリポリという音が続いていた。映画が終わると風ろは空っぽだった。爺様は”しょうもない”といいながら、眠らずにみていたらしい。結構おもしろかった。婆さんは3D用のメガネを近眼用のメガネの上に重ねてみるので、初めのころは慣れなくて2重にずれてみえたり、そのうち鼻が痛くなってしんどかった。脳の3D映像がちらっと出た時、爺さんの心臓大動脈の映像を思い出して、3次元映像でみられるのもとおくないのだろうなと思ったりした。森のシーンは魅惑的だったが、ナヴィーがなんで爬虫類のようなのか、哺乳類の形をしてたらもっといただけたのになんておもった。
家に帰るとナヴィーのような眼をしてまろんが怒っていた。お腹をすかせていたのだ。

[PR]
by babamama_123 | 2010-01-31 00:19 | 日々の記録 | Comments(0)