食堂かたつむり

只今上映中の「食堂かたつむり」を読んだ。主人公が食堂を開くいきさつや、まわりの人々もユニークで面白かった。著者は30代半ばの女性で、苦労している人には見えないのに、人生の喜怒哀楽を描いて、しみじみとした気持にさせられた。食堂かたつむりで出される料理もなかなかユニークで、婆さんも行ってみたいと思った。婆さんの場合、どんなお料理がでてくるのだろう。ここの食事をした人たちは其々にハッピーになるという。婆さんも食べてみたい。
f0095745_23292942.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2010-02-17 23:30 | 読む | Comments(0)