丹後半島の春

蟹をたらふく食べた翌日、丹後半島を一回りして帰路につくことにした。
夜があけると、昨日の風も収まって、日本海の空はきれいに晴れ渡って、日差しも暖かかった。経が岬には、隼を撮る人が岸壁に望遠レンズをつけたカメラを並べて、「あっちに飛んだ、こっちにくる」と、柵の前をどたばたと走り回っている。海の色は濃いブルーで岩を打つ波の白さが際立って見える。こんなにきれいな日本海は初めてみるようだった。蟹といい、今日の海の景色といい、今後たべることも、観ることもないかもしれない・・・。元気で自分の目で見、動けることの幸せを感じた。

f0095745_12221293.jpg経が岬の灯台

f0095745_12234320.jpg隼を撮る人達

f0095745_1225597.jpg丹後半島の海

f0095745_12264497.jpgお昼は伊根の船宿で。カウンター席の下は海。焼き魚定食1000円を頂きました。
[PR]
Commented by minohマダム at 2010-03-15 23:31 x
先日からのブログを拝見し、コメントも出来ないままに日をすごしました。

ご主人の退院と引き換えに、青天の霹靂、お気持ちはいかばかりか、と胸ふさがる思いです。

やさしいお嬢さんがそばにいらっしゃること、どんなに心強いことでしょうね。
ババままさんが、前向きに、最後の晩餐を楽しんでいらっしゃったり、ドライブに出かけたりなさっている様子を拝見して、あ、これはきっと病気が退散する!と確信しましたよ。

病は気からです。
いつのまにか、患部が消得てしまった、という話も身近に聞いたりしています。

野菜ジュースを続けて飲んで、、ご趣味も続けて、日々をゆっくりとお過ごしくださいね。

春ももうそこまで来ていますね。
どうぞお大事に・・・
Commented by ばばまま at 2010-03-16 14:09 x
手術まで1週間になりました。たいしたことはないと、自分にいいきかせながら、実はだいぶびびっています。マダムのお言葉に、少し励まされました。運を天にまかせて臨もうと覚悟しています。
by babamama_123 | 2010-03-15 12:31 | 歩く | Comments(2)