術後一月

退院してから今日で10日になる。入院前と変わらない生活をしているけれど、まだどこかずれてしまったような、おかしな気分になる。時間の流れがよどんだような病院から、流れの早い川に放り込まれたような感じがして、アップアップするだけで10日が過ぎてしまった。入院している間は感じなかった時間の流れの速さに驚いた。
 外科に回されると聞いた時、開腹手術で、胃を全部取られると覚悟したけれど、そうではなく、内視鏡など機械による手術だった。胸の下に4か所小さな穴と、お臍の下に5センチほどの穴を開けて、そこから機械を入れて患部を切り取る。切り取られた患部は5センチの穴から引っ張り出すという。結局胃は半分近く残され、切り口はチタンのホチキスで止めてある、と伺った。切り取った胃の細胞検査の結果、癌は粘膜上にとどまり、リンパ層への転移は見られないという。98パーセント再発はないでしょうと言われた。初期のAランクの癌で、服用する薬も出ない。本当にラッキーだった。それにしても、人間ドックを受けなかったら、どうなったのだろう。胃が痛むとか、気分が悪くなるとか、何の症状もないのだから、癌があるなどと気がつかなかっただろう。厄介な病気だと思う。
 胃が半分になった分、今までのように食べられなくなった。先生は3月もすれば、ラーメン1人前食べられるようになったという患者さんもいますから、すぐ慣れます、というけれど、今は1カップのジュースを飲んだだけで、お腹が膨れて苦しくなる。ご飯は子供のお茶碗で半分くらい、おかずは普段の3口位、よく噛んで食べる。だいぶ慣れてきたけれど、初めのころは顎がいたくなった。少ししか食べないのに胸がつかえるくらいお腹がはって苦しい、けれど食べ足りない感じもする。いつも飢餓間と満腹感が同居しているようで、すっきりしない。
気がつくと、おいしいものを食べたい、とばかり思っている自分である。

[PR]
Commented by masanorikiyo at 2010-05-03 16:56
つらかったでしょうね。
なにわともあれ、おめでとうございます。
のんびりぼちぼち頑張ってください。
飢餓感と満腹感が同居というのは、いい表現ですね。
すぐに、おいしいものを食べられるようになりますよ。
影ながら、応援しています。
Commented by minoh マダム at 2010-05-03 22:16 x
無事退院、おめでとうございます。
なにもかもが、ババママさんの味方についてくれたのですね。
もう怖いものは無し、ゆっくりと回復をまちながら、また楽しいことを追いかけてくださいね。
おいしいものを、少しずつ食べるのも、じっくりと味わえていいことかもしれませんね。
どうぞご無理なさいませんように。
Commented by babamama at 2010-05-04 11:23 x
有難うございます。やっと暖かくなって、ぼちぼち動こうかな、とおもっています。おいしいものを探しに・・・
by babamama_123 | 2010-05-03 01:25 | Comments(3)