母の日・・・3

母を見舞った帰り、最終の新幹線に乗り、家に着くと12時に近かった。この日は朝5時起きで始発から3番目ののぞみにのったから、19時間も外出していたことになる。帰りの列車で少し眠ったけれど、家に着くと急に眠くなった。目が渋くなって、瞼があかない。渋い目で部屋を見ると、朝出かけた時のままだった。テーブルの上に朝のままの食器が2つ、広がった新聞紙。違うのは、郵便物と小さな荷物。夫が受け取ったのだろう。荷物は横浜の娘からだった。とりあえず開いてみると、幾重にも包装された中からあらわれたのは、小さなタジン鍋だった。蓋にシルクロードのラクダが描かれている。メッセージカードがはいってないけれど、これが今年の母の日のプレゼントだった。ありがとう。最近はやりの鍋で、欲しいと思っていたので、うれしいのだが・・・。私のキャリーバッグの中には、それより大きなタジン鍋が入っていた! 
実家に着くと、茨城県に住む妹が偶然母を訪ねてきて、タジン鍋を母に持ってきたのだった。ところが、母一人には大きすぎて使えない、というので、それならばと、私がもらってきてしまった。もらってから、どこに置こうかと、置き場がないのに気がついて困ったのだったが、いじましい気持ちが先立ってもってきてしまった。
昨日、私が電話する前に娘から電話があった。やはり母の日のプレゼントで、旦那さまのお母さんにも同じものを送ったという。私は正直に事情を話し、小さい方は大事に梱包しなおして、しまっておくと言った。
タジン鍋、お店でよくみかけるけれど、使ったことはない。ネットで調べて、野菜と豚肉の重ね蒸しを作ってみた。
オリーブオイルを敷き、白菜、しめじ、薄切りの豚肉、その上に人参ジュースの搾りかすをのせ
、お酒をふりかけ、塩コショウをして、15分ほど中火でむしてみた。非常においしいとはいいかねる。野菜をたくさんたべられていい、というところだろうか。写真は実家から持ち帰ったタジン鍋。

f0095745_16343422.jpg


f0095745_1635691.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2010-05-11 16:37 | 食べる | Comments(0)