遊展始まる

11月30日から東山三条通りの”アートスペース東山”で銅版画教室の遊展が始まった。
遊展は1年に1回、この時期にひらかれるのが恒例になっているのに、出品するまともな作品ができなかった。間際の日曜日にどうにか刷りあげたけれど、インクのふき取りがあまく、始め意気込んだわりにはぼんやりしたしあげになってがっかりした。それでも恥を忍んで出品することにした。
題名は”雨にも負けず”。宮沢賢治の詩をそのまま移して、つたない絵を加えた。自分でも、もうちょっとなんとかならないものかと思いながら、それでも人の目にさらす厚かましさ。死ぬまでに個展を一度でもひらけたらという願いはかなえられそうにもないので、教室の方々の作品の隅にでもおいてもらうのが個展のかわりと思って、毎回こりもしないで出している。
それにしても金曜から昨日まで毎日出ずっぱりで、その上亭主から強烈な風邪の悪玉菌をもらい体調の悪いことといったらない。朝がたはなんとかきばってうごいているけれど、日が暮れると悪寒がして布団にたおれこんでしまう。これ以上発熱がつづくようだったら病院にいかなけれならないと思う。でもいつもだったら声が出なくなるのに、そうはならないし咳もあまりしない。ニンジンジュースのおかげかもしれない。寒気を押して、せめて朝だけでもと人参ジュースを作って飲んでいる。

f0095745_1365493.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2010-12-01 13:09 | 日々の記録 | Comments(0)