人気ブログランキング |

執念の潮昆布

先月、お隣から神宗の塩昆布を戴いた。塩昆布といっても、塩のふいた乾いたものではなく、山椒の実と醤油で甘辛く炊いた佃煮である。徳用だけどお隣の奥さんは高島屋に行って手に入ったのでと、もってきて下さった。
大分前にも爺さんの知り合いから同じものを戴いたことがあった。爺さんは、その知人がは大阪のデパートで行列に並んでやっと買うことができたものだと言った。
我が家は玄米食で、この昆布の佃煮があるとより一層玄米を美味しくいただける。お隣の塩昆布はお弁当や夕食のご飯のお供に少しずつ食べていたら、あっという間になくなってしまった。それで、すぐに高島屋に買いにいったけれど、地下の食品売り場のどこにもなかった。それではと洛西高島屋にいってみたけれど、やっぱりなかった。
おとといお隣の奥さんにあったので、買えなかった事情を話すと、あれは開店してすぐにうりきれるから、開店前に行ってならばないと駄目よ、と言われた。それを聞いた途端、朝の頭痛が消えて早速河原町にでかけた。地下の入り口についたのは開店20分前。おばさんが二人ならんでいた。少しすると、聞きなれた音がして、「緊急地震情報が出ました」とアナウンスが流れた。「エレベーターがとまっています。お客さんを安全に誘導してください・・」、次々に指令がとぶ。今にも揺れがきそうなけはいに驚いて、あたりを見回した。目の前に地上に出る階段がある。けれど、私の前にいるおばさんは楽しそうにおしゃべりしている。今の放送がまるできこえなかったみたいだ。それで、地震ですよ・・と声をかけたら、おばさんは「いつもの訓練ですね・・・」と言った。
そういえば、今日は阪神大震災の起きた日だった。おかしいなとはおもったけれど、正直、ちょっと動揺もしたので、訓練と聞いて罰がわるかった。
数分後ドアーが開いた。売り場がわからなかったけれど、直感でその二人について行った。やっぱり神宗だった。婆さんは3人目、うしろにも人か続いている。切符をもらって塩昆布をゲット!!この佃煮本当においしい。
執念の潮昆布_f0095745_23191219.jpg

by babamama_123 | 2012-01-17 22:16 | 日々の記録 | Comments(0)