春一番のふく頃

昨日は家にいても汗ばむほど暖かかった。午後のニュースで例年より早く春一番が吹いたと聞いた。今朝洗濯物を干しにベランダに出ると、かすかに花の匂いがした。沈丁花がさきはじめたのだろう。横のモクレンもつぼみが大分ふっくらしてきた。もう春なんだな。3月だものね、と自分にいいきかせてみたもののなんだかすっきりしない。
 春先はいつもこうなのだ。うつ状態で、なにもやる気がおこらなくなる。絵を描いてみてもうまくかけないし、ほんを読んでも、気持ちが動かない。何をしてもつまらなくなって、途中でやめてしまう。外は、つぼみが膨らみ、土には新芽が出て、復活の時期を迎えるこの時期、私は逆に委縮してしまう。なぜだろう。年々ひどくなるようなきもする。こんな時はじたばたしないことに限る。 
 とはいえ、少しでもとと頑張って一枚書いてみた。遠くに見えるのは、昔登った比良の山並み。今年は雪が多いだろうな。
菜の花と桃の花はこのところ教室で描いているけれど、なかなかむずかしい。特に菜の花の葉っぱがむずかしい。それで一輪をかくのをあきらめた。
f0095745_1156576.jpg

[PR]
Commented by 8039fujisan at 2012-03-08 15:37 x
いつ拝見しても上手ですね。
菜の花が真っ盛り。
ミツバチが花の蜜を吸っているような感覚が伝わります。
加齢すると気持があっても行動になかなか移せないもの。
誰でも一緒です。
でもbabamamaさんはちゃんと行動に移してる。
凄いと思いますよ。
宮沢賢治展に足をのばし一万歩以上を歩く。
まさに雨ニモマケズ...ですね。
老いるということの記事を読ませて頂きました。
いつも置いてある所を見て他に目がいかない。
視野か狭くなってしまうのですね。
同じだなぁ。
心配しなくていいんだ...と思いました。
何気なく置いたものが見つからない。
しょっちゅうですよ。
1カ月もたって出てくると自分が置いた記憶も無い。
この先どうなるのかと心配しきりです。

Commented by ばばまま at 2012-03-09 23:42 x
婆さんの絵をほめてくださるのは 8039fujisan だけです。うれしいです。老化は
避けられないとは十分承知しているのですが、・・・。気持は昔とちっともかわっていないつもりでいるせいでしょうか、実際に自分の老化現象を目の当たりにするとうろたえます・・・。何を?ということではないけれど、お互いがんばりましょう
by babamama_123 | 2012-03-07 11:59 | 日々の記録 | Comments(2)