やっと咲いた

家の白モクレンがやっと開き始めた。いつもの年より10日以上遅い。私の記憶に間違いがなければ、もうとっくに散って、今頃は毎朝隣の駐車場の掃除をしていた。
今年は春が遅いのだなぁ。駅に向かう街路樹のモクレンもまだ蕾がかたかったし、沈丁花が香り出したのも3月に入ってしばらくしてからだった。久しぶりにマロンと散歩して気がついたけれど、赤いボケの花も、いつもの場所に見当たらなかった。。お彼岸も過ぎたのにいつになったら暖かくなるのだろう。朝起きて、背中にホッカイロを貼りながら、窓の外を見た。白い路地が目にとびこんできた。今年もたくさん花をつけて、ひらきはじめようとしている。ほっとした。そして随分昔に見た白い花の光景をふいに思い出して感無量になった。
 半世紀以上前の早春である。そのころ私は千葉県の船橋市に住んでいた。住居は総武線津田沼駅から北に10分ほど歩いたところにあった。父が勤務していた会社の社宅で、木造平屋の家屋が10棟ほど並んでいた。 敷地の西側は門がまえの大きな日本家屋がならんでいて、西側は麦(だったような)畑 が広がり、その向こうは雑木林があり、樹間に新しい公団住宅のベージュ色の壁が見えていた。
社宅に住んで4年目の春、私は大学受験に見事失敗した。父の反対を押し切っての学部だったので、けっして天狗になっていたわけではないけれど、鼻をへし折られたように痛かった。5人姉妹の長女でもあったし、家の中でどんな顔をしていいのか、立場がないような気になった。志望校1校だけの一発勝負で、負けた場合のことは想定外だった。進退を考えると眠れなくなり、気持ちの晴れない日が続いた。そんなある日、朝早く家を出て、社宅の横の畦道を歩いた。
 三月半ば頃、陽がさすと、畑からもやが立ち始め、畑や雑木林が薄いヴェールをかぶったようになった。そのヴェールの中に白い花をたくさんつけた木が見えた。陽が高くなるにつれてヴェールがはがされて、あたりの風景がはっきりしてくる。白い花はモクレンではなくこぶしの花だった。その白さと、脚元の雑草の緑がとても新鮮で、自分のなかの濃い靄まで晴れていくような気がした。
 去年の秋、近くの小学校の校庭の外側にあったにせアカシヤの並木が全部引っこ抜かれて、かわりに苗木が植えられた。何の木かと、植樹していたおじさんに聞くと、こぶし、だと言った。そこを通る度にみるけれど、幼木でまだ葉も芽ついてない。来年花がつくのだろうか。

f0095745_1663478.jpg

[PR]
Commented by 8039fujisan at 2012-03-29 17:36 x
もうハクモクレンですか。
暖かいんですね。
家のシモクレンはまだまだ蕾は固いです。
これで10日程遅いとは驚きです。
こちらでは梅の花もまだ。
水仙もまだ開花していません。
諏訪の春はどこに行ってしまったのでしょう。
Commented by k_mayaha at 2012-03-29 20:51
babamamaさん やっと春らしい一日でしたね~快晴だけど遠くの山は霞んでいます。
洗濯物がすっきりと乾いてそれだけでも幸せな気分です。
Commented by babamama at 2012-03-30 14:34 x
外はとっても暖かくて、もう春なんですね。でも家の中に入ると暖房が必要なくらい。脚が冷えて、ダウンジャケットを着て縮こまってます。思い切って外に出かけようと、チャンスをねらってます。そろそろ桜も咲き始めるでしょうから。諏訪は桜はまだまだのようですね。諏訪にも、はーるよこい、はーやくこい・・・・・
by babamama_123 | 2012-03-29 16:06 | 日々の記録 | Comments(3)