人気ブログランキング |

抱きしめていたくなるような・・・

2、3日前宅配の大きな重い荷物が届いた。宛名は娘。ネットで注文したらしい。土曜に荷物をほどくと、中身は、炭、ごとく、ひおこし、灰などであった。夏の終わりころ、近江八幡に行った折、骨董店で、娘が小さな火鉢を二つ買って、居間に放置したままにしてあった。それにいよいよ火をいれよう、ということらしい。
娘は早速火鉢に灰を入れ、炭をおこしたものの、火がつかなかった。翌日朝一番に起きた婆さんがためしてみると、見事着火。小さな火鉢の中で炭があかあかと輝いた。小さな火鉢だけれど、遠赤外線の効果で周りはほっこり暖かい。火鉢をくるっと抱いて見ると、子供の頃の冬が思い出された。
この数倍も大きな火鉢が実家にずーっとあった、母が生存していたついこの間まで。
石油ストーブも、電気ストーブもなかった、半世紀以上前、暖房器具といえば、薪ストーブか、炭や練炭、豆炭のあんかや火鉢だった。私の家には薪ストーブもなく、冬は火鉢と、豆炭のあんかをいれた炬燵だった。木造の隙間風が吹き込む家屋だったけれど、寒かった覚えがない。
年末の今頃、母は赤ん坊をおぶって忙しく動き回り、小学校低学年の私と父は小さな炬燵に入り、
場所取り争いをしたのを思い出す。父は眠くなると、横になり足を炬燵の上にのせ独り占めにして、子供の私の居場所がなくなるのだった・・・。
ハイティーンになっても、暖房は火鉢と炬燵だった。さすが真冬の気温氷点下の夜は試験勉強で鉛筆を持つ手がかじかんでうごかなかったけれど、身体は母の縫ってくれた綿入れ(丹前)で寒くはなかった。火鉢に手をかざしかざしして試験期間を乗り切った。
あの丹前、真綿でくるんだ木綿の綿入れで、重かったけれど、暖かった。嫁にきて、子供ができても、綿入れの羽織を私や子供たちにも作って送ってくれた。綿入れの暖かさは、母の愛情の暖かさでもあった。
今、昔以上に暖かな暮らしをしているけれど、電気代やガス代におびえて、しんから暖まれない。
丁度妹からつきたてのお餅がとどいたので早速火鉢で焼いた。焼きながら、そんな昔の話を娘に話すと、わては、枕草子の、冬は・・・・、の文章を思ったと、おっしゃるのでありました・・・・!
抱きしめていたくなるような・・・_f0095745_12595466.jpg


抱きしめていたくなるような・・・_f0095745_1301113.jpg


抱きしめていたくなるような・・・_f0095745_1303815.jpg


Commented by minohマダム at 2014-12-31 09:27 x
なつかしい!
炭が赤々といこった火鉢に手をかざしていると、子どもに戻れますね。
我が家にも骨董店で買った火鉢がいくつかあります。
大きいのは観葉植物の鉢に、小さいのは花入れに。
炭を入れてお持ちを焼きたいけれど、灰も五徳もないわ。
Commented by babamama at 2015-01-01 01:28 x
2014年、どうにか乗り越えました!年が重なるごとに、昔を思うことがおおくなりました。何故でしょうね。我ながら不思議です。先がみじかくなったからでしょか?
今年もよろしく。皆様のご多幸を祈ります。
by babamama_123 | 2014-12-29 13:00 | 日々の記録 | Comments(2)