年末・年始の宴

2014年はバタバタと過ぎ、知らぬまに2015年の初日を迎えた。日の出を拝むまでもなく、朝起きると部屋が異様に明るいのに気が付き、外を見ると一面の白銀の世界であった。もうびっくり!自分が北陸のどこかにワープしてしまったのか、と思ったくらい。
雪が、旧年中の汚れを覆い隠して、世界を真っ新にした・・・、素晴らしい年明けではある。しかし寒い。暮れから、正月休みの間中、ガスストーブをゴーゴー燃やして、心はガス料金のことを考えて凍てついてしまった。
年末から娘の友人が来宅してくれ、平素は老人だけの家が幾分はなやいだ。娘の援助もあって、大晦日、お正月と、結構なご馳走を頂き、また一年命ながらえそうな恵に感謝!
大晦日
アンコウ鍋と、松葉のにしんそば(お友達持参)
f0095745_1556279.jpg


f0095745_15565474.jpg


シャンパンで乾杯、大鍋を平らげ、にしんそばをいただき、紅白歌合戦が終わるころ、お爺様が突如、"にしんそば食ってない、はよ出せ!"と言う。一瞬他三人はかおを見合わせて、黙りこくってしまった。しばらくして、
"さっき、食べたばかりででしょ"
"Hこのもってきたにしんそば、うまいなぁ、さすがまつばのそばやなあ、っていってたじゃない"
と娘。
婆さんは、ぼけ元年になったらどうしよう・・とはらはらしました。
除夜の鐘をききながら、お節料理を作り、なんとか形になったら、もう新年も2時間過ぎていた。
f0095745_15583855.jpg


f0095745_15592139.jpg


f0095745_15594359.jpg



[PR]
by babamama_123 | 2015-01-04 15:24 | Comments(0)