人気ブログランキング |

石膏油彩

昨日は絵画教室の日だった。先週の土曜日を月曜に振り替えたのだ。月曜に教室に行くのは初めてだった。雨なのに6、7人の受講生がいて、初めてお目にかかる方もいる。皆さん日本画で、もくもくと岩絵の具を膠に溶いたり、花や野菜に着彩している。沖谷先生は日本画家なので、指導が本格的で厳しい。とても私には無理な作業を一生懸命こなしているのには感心する。私は前回の続きで背景と植木鉢に色を重ねた。いい加減終わりにしたかったけれど、レモンやリンゴ、植木鉢をもっと詰めなさいと指摘された。教室が終わってから、近くのミスドでお茶をのみながら、日本画のこと、先生の指導のことなど、おしゃべりした。日本画専攻のMさんは、先生の指導は本格的で厳しいけれど、始めにきちんとしておくことが肝心なのだと言われ、納得する。なにごとも、基礎がいい加減だと、進歩がないものだ。だから私はこうなのだ。
先生は、大阪の通天閣の天井に絵を描かれて、先だって読売新聞の夕刊にでていたとか。今度見に行ってこようと思う。
f0095745_15351947.jpg


by babamama_123 | 2015-04-14 15:35 | かく | Comments(0)