ニュートンよ、お前もか!

12月の半ば過ぎて、立て続けにタブレットが壊れてしまった。遠方に住む娘たちとのラインも途絶えて、なんだか取り残されたような感じ。なんとなくやるきがなくなって、気分はグレイ。それでも犬猫爺家族の食事などのお世話は手をぬくわけにいかない。ちゃんとやっているのに、ニュートンは、またしても婆さんに噛みついた!吹き出る血を見て、さらに落ち込んだ。
ある日の朝ごはんのあとのことである。
爺さんは、ニュートンを抱いて、目をつむりはじめた。お薬、飲んで!と言っても返事はなく首がしたをむいている。眠ってしまったのだ。それで、婆さんは、爺さんの肩を叩いて起こそうとと、手を伸ばしたところを、ニュートンがう~っと唸って、いきなりがぶっと親指にかみついた。小型犬の犬歯は細くて鋭いので、一本の歯が深く刺さって、血が噴出した。もうびっくりぽん、なんてものじゃない。痛いっ!とにらめたら、しゅんとした顔をしたけれど、婆さんはものすごく落ち込んだ。爺さんの真似して、婆さんを馬鹿にしたと思った。気持ちがグレイから真っ黒になって、情けなくなった。しばらくたちなおれなかった。
でもニュートンは若くてハンサムボーイだから許してあげよう。
ニュートンと爺
f0095745_15105362.jpg

爺の椅子でくつろぐニュートン
f0095745_15113710.jpg

マロンはすとーぶの前のかごに入ってお休み
f0095745_1512591.jpg

美容院から戻ったニュートン
f0095745_15124443.jpg

爺さんの次にマロンに挨拶するニュートン
f0095745_15131933.jpg

[PR]
by babamama_123 | 2015-12-22 15:14 | 日々の記録 | Comments(0)