人気ブログランキング |

今月の本

「創世の島」
 SFサスペンス。
 21世紀後半のお話。
 2030年ころ、ひとりの人間(男)が小さな島に流れ着く。その島は細菌戦争を避けてひとりの哲学者が支配していた。かろうじて生き延びた人間がこの島に流れ着いてもウイルスの感染者として水際で殺される。島で生きることを許されたのはアダムという名の男だけだった。

21世紀後半島の若い女性がその時伝説の人となったアダムに興味をもち研究する。非常に優れた知能の持ち主である彼女はアカデミーに入って研究を続けたいと望みを持つ。望みが叶ってアカデミーの入門試験をうけることができた。試験は休憩をはさんで4回。

哲学音痴の私には難解なところがあったけれど、なかなか面白かった。アンドロイドと人の違いは何か、考えさせられた。しかしアンドロイドがなんでオランウータンの頭をかぶってるのか。猿の惑星を思い出したりしたけれど全然違う。
終章は悲しいお話でした。
今月の本_f0095745_18192885.jpg

by babamama_123 | 2017-06-10 17:45 | Comments(0)