人気ブログランキング |

平成最後の本

日日是好日  森下典子
昨年樹木希林さんの主演で映画になった話題の本。どこの本屋さんにも話題図書のこーなーに積まれている。最近出版されたものだと思っていたら、初版は平成20年前で26刷になっている。
お茶の世界とは無縁の暮らしをしているので手に取ることもなかった。
絵画教室でご一緒したNさんがかぢてくださらなかったら読むことはなかっただろう。
著者のお茶に対する思いが書かれていて、全く無縁の私にも分かり易く感動するところが多かった。
読み終えて、日常の煩雑な事に紛れて自分と向き合う時間も無く過ぎてしまった長い年月がつくづく惜しまれた。
f0095745_20365349.jpg


銀ヤンマ、匂いガラス   松山巌
四条通りにあるジュンク堂の古書コーナーで見つけた。
匂いガラス、の文字に惹かれて手にして読むと、懐かしい昭和の匂いがした。
巻末に、毎日新聞の月曜夕刊に連載された「半世紀のものたちへ」と題されたエッセーをまとめたものを出版したとある。墨で描かれた挿絵も著者によるもので、味がある。
著者は私より5歳ほど若いけれど、少し読んだだけで戦後の子供時代を鮮やかに思い出した。
今日は平成最後の日、昭和がますます遠くなる。子供時代の記憶もどんどん薄れていくだろう。いい本に出会えて良かった。
f0095745_20533298.jpg

by babamama_123 | 2019-03-31 20:17 | Comments(0)

スーパーの売り場は春野菜が盛り沢山になった。
今日はmあだ高いけれどタケノコを1本買って、タケノコご飯に若竹煮にした。タケノコは鹿児島産。
春キャベツとしらすの釜揚げの和えたものと初ではないけどカツオの刺身を使った春巻きの3品を作った。
1.春キャベツの和え物
 千切りキャベツに熱湯をかけて、水分を切り、塩胡椒、ごま油、かまあげしらすを加えてよく混ぜる。
 カンタンでとてもおいしかった。
f0095745_20555805.jpg

2.春巻き
 かつおのお刺身(の残り)を適当に切って、醤油をまぶしておく。
 アボカドをすらいすして、したあじのついたかつおと春巻きのかわにのせて巻く
 フライパンに油を敷いて、ころがしながら焼く。
 すいーと
チリソースでいただきました
f0095745_21010450.jpg


カツオのにおいがするのか、目を離した瞬間に1本盗等れてしまった。けれど食べ方がわからないらしい。
叱られて、とりあえず困った顔をするNewton。まん6歳、悪知恵ばかりついた悪童です。
f0095745_21054322.jpg

by babamama_123 | 2019-03-29 20:31 | Comments(0)

サスペンス2冊

先週3月前に予約した本がやっと順番が回ってきた。
2冊ともサスペンスもので、夕食の支度を後回しにして読みふけった。
両者とも家族にまつわるものがたりではある。父からの手紙にはホロッとする感動がアルのに対して、私が殺した少女はクールな感じがする。原寮の作品はこれで2どめだけど、テンポが早くて、予期しない展開になったり、目が離せない。最後まで犯人を予測できなかった。とてもおもしろかった。
f0095745_20540502.jpg

f0095745_20542739.jpg

by babamama_123 | 2019-03-19 20:38 | Comments(0)

f0095745_20180392.jpg

○新ワカメと卵、ツナの炒めものーしょうがとお醤油で味付け
○餅麦のリゾット
 餅麦大さじ4杯は洗って茹でておく
 春キャベツざく切り、アラミジン切りの新タマネギ半個、5ミリ角の人参5センチくらい、しょうが、茹でた餅麦、オリーブオイル大さじ2を鍋に入れて蒸し煮する。
 材料が柔らかくなったら豆乳2カップを入れる。
 しお胡椒で味付け
  (3月16日の朝日新聞掲載)
  優しい味でおいしかった
by babamama_123 | 2019-03-19 20:15 | Comments(0)

今日は爺さんのデイサービスの日、婆さんには大事なフリーでハッピータイムとなる。
どこに行こうか、何をしようかと考えていたけれど、あいにく外は小雪がちらついてとても寒い。
出かけるのも億劫になった。いぬを抱いてぼーっとして眠くなって、はっときがついたらもうお昼。
時間がたつのがやたらに早い。結局やりかけの版画を進めることにした。
去年の夏頃に刷ったもので、”虹色の傘”の最後のページである。余りにひどいので、シリーズ全部をやめようと思って放っておいた。冬の講座も終わり近くなって、中途半端はとやり直すことにしたのだ。
先週試し刷りをしたら、欠陥だらけで、先生に試し刷りに鉛筆で修正の線を入れていただいた。
そ絵を元にドライポイントで点々を書き込んだ。コツコツやってるうちに爺さんが帰ってきた!
顔色もよくご機嫌である。
こちらはがっくりきているのに・・・
f0095745_22432303.jpg

f0095745_22435363.jpg



More
by babamama_123 | 2019-03-14 21:57 | Comments(0)

しばしの憩い

爺さんのデイサービスが3月から変わった。今までは水曜日の午後だったのが、木曜日に1日のデイサービスに変わった。リハビリのサービスでは、1年通ったけれど、爺さんは1度もグループ体操に参加することなく、自転車こぎの機械をたまに使うだけだった。独りだけテーブルの前に座って、たいていは居眠りをしている。たまにポケットから文庫本を取り出して読んでいることもあったが、私にはみるに忍びない姿だった。
1月の末頃、温泉にいきたいとしきりにいうので、それなら入浴介護のサービスがあるところに行ったらどうかというと、すんなり承諾した。去年も何カ所か体験にいったけれど、爺婆ばっかりのとこで俺のいくところじゃない、と鼻にもかけなかった。どういう心境の変化なのか不思議だ。さらに体験にも進んでいき、いつからけるのかと楽しみにしている。水曜は私だけがいくことになって、送迎の車がくると介護士の運転手さんに愛想を振りまいて、びっくりされた。
今度のところは、温泉を引いたお風呂がついて同性の介護士さんが入浴介助をしてくれる。髭も剃ってくれて、さっぱりして帰ってきた!リハビリ体操のじかんもあって介護士さんから体操もしたと報告があった。
余程気に入ったのか、ご機嫌で、お前もここに変えたらいい、と勧誘までする。
というわけで昨日はひさしぶりで鬼のいぬ間の命の洗濯してきた。短いじかんだけど町にでて、独りランチを楽しみ、あちこちウインドーショッピングを楽しんだ。
亭主の帰宅時間は4時過ぎ、急いで帰ったら疲れて動くのが億劫になった。歩数計を見たら1万歩もあった。
晩御飯は手抜きで何とかしのいだ。おかずはご飯が炊ける間に何とかセーフ!
f0095745_14295695.jpg

 昨日のスープ、菜の花の辛子醤油和え、厚揚げのやさいのあんかけ、新わかめとシラスの酢の物
by babamama_123 | 2019-03-08 13:38 | Comments(0)

おいしかったグラタン2種
1.蠣とほうれん草のグラタン
  
  蠣は塩水でさっと洗い水気を拭き取る。
  フライパンにバターをいれ蠣がふっくらするまで炒めたあとお皿に取り出す。
   (ほうれん草を洗って茹で、切っておく。)
  牡蠣を汁が残っているフライパンに、薄切りにしたたまねぎと、しめじをいれ軽く炒める。
  豆乳とホワイトソース(市販のキューブを投入)をいれ溶けたらほうれん草を入れる。
 グラタン皿に牡蠣を並べホワイトソースをかけ、粉チーズを振りかけてオーブンで焼く。
 付け合わせは御坊のスープ
f0095745_20024235.jpg

2.蕪と鮭のグラタン
 かぶは縦に切る。葉っぱも適当に切っておく。
 投入に味噌を溶いておく。
 甘塩鮭の切り身を3つくらいに切り小麦粉をうすくまぶし手サラダオイルで焼く。
 なべに豆乳をいれかぶを炊く。鮭と葉っぱをいれひと煮立ちしてから火をとめ、グラタン皿に入れ粉チーズを振りかけてオーブンでこげめをつける。
f0095745_20131036.jpg

隣は菊芋とかぶのサラダ
by babamama_123 | 2019-03-02 19:47 | Comments(0)