人気ブログランキング |

じじばばの食卓ー思い出の赤いスープ_f0095745_19572848.jpg
じじばばの食卓ー思い出の赤いスープ_f0095745_20023349.jpg

やっと涼しくなったので、温かいスープを作ることにした。
先月教室の帰り道、高島屋の地下でビーツを発見!大きな玉が二つはいって150円。即購入。一つは甘酢漬けにして、残りはボルシチにしようとそのまま残しておいた。冷凍保存にしようと思いながらすっかり忘れていた。ひと月近くも放置してたので心配したけれど、無事だった!
ボルシチを初めて食べたのは、60年近くも前である。店の名はカチューシャだったか。
当時は学生運動が盛んで、歌声喫茶ではロシア民謡が盛んに歌われていた(ような記憶がある)。
ノンポリの私は革新系の学生たちの主義主張二は興味はなく、それでもロシア民謡を口ずさみ、ロシア語教室をのぞいてみたり、ロシア文学を読んだりはしていた。何年生だった覚えてないけれど授業の帰りに数人でロシア料理を食べにいこうということになった。
場所も店の名前もはっきりしないけれど、食べたものはしっかり覚えている。
イチゴジャムの入った紅茶、きのこの壺焼き、真っ赤な色のボルシチスープ。どれも衝撃だった!
最近寒くなると、キノコの壺焼きとボルシチを思い出すようになるのは何故だろう?何故か昔のことがしきりに目に浮かぶようになった。
by babamama_123 | 2019-09-24 19:52 | Comments(0)

夏の三作目完了

朝の散歩道
もう一度松ヤニをかけて、薄いところに腐食液をのせた。
四枚刷ったが、自分がインクのせから拭き取り、プレスまで全工程を行ったのは一枚だけ。
二枚は前川先生が拭き取りプレスしてくださった。
最後のは中村先生が拭き取りプレスしてくださったた・・・
夏の三作目完了_f0095745_16170470.jpg
夏の三作目完了_f0095745_16172105.jpg
夏の三作目完了_f0095745_16174436.jpg
すべてインクが違っています。真ん中は文房堂、あとはシャルボネのエッチングようと、おなじく5519番のインクを使ってます。どっちがどのいんくだったか覚えてません


by babamama_123 | 2019-09-16 16:06 | Comments(0)

初体験の巻

昨夜初めて救急車に乗った❗
京都に住んで三十年あまり、ご近所は我が家を含めて高齢者が多くなった。
最近は近くに救急車が止まることも多くなり、ピーポーピーポーのさいれんをよくきくようになった。サイレンの音が遠く近くに聞こえるにつけ、いずれは自分も乗ることになるのだろうと、覚悟はしていた。そのため不慮の時に備えて携帯電話を肌身離さずもつている。
昨夜爺さんが夜になってしきりに呻き始めた。どうしたのかと聞いても返事もしない。返事もできないほど苦しいのか、いつもの私への無視でそうしているのか判断に迷った。何度か痛いの?と聞いて、いたいだか、うるさい、だか言ったので訪問看護師に電話で相談して救急車を呼ぶことになった。
直ぐにピーポーピーポーのサイレンが聞こえ家ノ前に止まった。
爺さんに付き添って私も救急車二のった。救急車の乗り心地はどんなだろうと思っていたのだが、じっさいのって見ると、揺れて乗り心地は良くなかった‼️
いつもかかる桂病院にむかった。検査の間玄関ちかくの椅子で一時間ほど待った。
結果爺さんの痛みの原因は、なんと便秘ということだった❗恥ずかしい❗
検査の間も看護婦さんや医者の問いかけに答えない。いつもこうなのかと聞かれてこちらも返事二コマった。それが処置を終えるとスッキリしたっと答えたそうだ❗
というわけで日付が変わってすぐタクシーで帰宅した。
入院かもと半分期待してたのに、肩透かしを食わされた感じ。
苦笑いの初体験記でした。

by babamama_123 | 2019-09-13 13:46 | Comments(0)

ぺいぺいできました!

間もなく消費税10%になる。2パーセント増えるだけなのだが、5パーセントが8パーセントになったときより上げ幅がものすごく大きく感じる。収入源が年金だけの高齢者になったせいかもしれない。働こうにも身体はいうことをきかないし、そもそも働き口もない。年金はあれやこれや引かれて少なくなるばかり。高齢者の私には今度の増税はとてもつらい。その上支払いにキャッシュレスを勧めている。新聞やテレビをみているとカタカナがやたら目に付き、理解できないものがある。
だいぶ前にテレビで、ぺいぺい、ぺいぺいといいながら黒いスーツをきた男の人が踊りながら歩いている映像をみた!今ならお得なんとやら、というので気になっていた。
数日前毎日行くスーパーの壁に、九月10日からぺいぺいできますと書いた紙が張ってあった。期間限定と書いてある。ぺいぺいで支払うと5パーセント割引でポイント還元とかもあってお得二なるらしい。
わたしは煽られてやってみようと思い立った!早速娘に電話してあれこれ聞いて、タブレットでもできるというので教えてもらったとおりやってみた。
まずぐーぐるプレイを開いて、その中にあるペイペイのアプリをインストールする。
それかあは画面に出てくる指示に従って入力して無事新規登録インストール完了となった。ペイぺyの残高は0円。入金しないと使えない。
でもcredit登録したのだから大丈夫かもと、タブレットを持ってすーぱーに買い物にいき、ぺyぺい支払いをする事にした。すると残高照会0円で支払いはできない。その場は現金で払った。コンビニで入金すればいいと聞いて、近くのコンビニによってドウスレバイイノカ聞くと、店員さんはわからないという
またむすめにきいてラインで写真を送ってもらい、コンビニニムカッタ。送ってもらった写真のとうりにATMを操作してやっと入金完了。そのコンビニで麦酒を買ってペイペイで支払いをすませた。どのくらいお得になるのか楽しみである。
しかし世の中だんだん年寄りには住みにくくなってくるように思える。高齢者にとってスマホの操作はけっこうたいへんナノだ!目も効かない、指も思うように動かない。携帯にしろタブレットやスマホにしろ常に持ち歩くのは無理がある。ちょっとおいて、置き場所を忘れて探し回らなければならない、ことがしょっちゅうあるのだから。
これから世の中一体どうなっていくのだろう?
ぺいぺいできました!_f0095745_20552633.jpg

by babamama_123 | 2019-09-10 20:01 | Comments(0)

心機一転

この数ヵ月、配偶者の介護のことでもやもやとして気が晴れなかった。
春先から爺さんの体調は優れなかった。軽い肺炎にかかってるきとがわかり治療がすんだのが3月初め。それでも炎症マークの数値が高く一月たっても下がらないばかりか上がる始末。近くのかかりつけ医はその原因がわからなく4月末に桂病院に入院することになった。そのときの炎症マークの数値は10を越えていた。正常値は0.4というから驚くほど高い。その上血糖値も非常に高かったので、糖尿内科に入院することになった。
入院して検査をあれこれしたけれど炎症の原因がどこにあるのかわからなかった。血糖値が安定して、週末に退院と決まった翌朝病院から呼び出しの電話が入った。前夜爺さんは強い腹痛を起こし検査の結果急性胆嚢炎であることがわかった。緊急に手術をするので手続きと立ち合いに病院に向かった。
手術は無事に終った。これで炎症の原因が解ったし外科の治療がすんだ一週間後に退院することになった。五月末である。
それからしばらくは週二回のデイサービスに進んで行き快調に過ごしているかに見えたのだが、ある日急にデイサービスを1日だけにすると言い出し、次は今日は行かないとなり入って、ついにしばらく休むことになった。
退院後の爺さんのインシュリン注射は一日券三回、三度の内服薬、その介助は婆さんの役目である。
薬を用意し血糖測定とインシュリン注射の用意をして手渡しするだけなので大したことではないのだ。普通は!けれど私にとってはまさに命懸けであった。爺さんののそばに行き注射器ys薬あるいは食事を手渡しする動作をスルや否や、ニュートンが背後から、あるいは椅子の影から素早く出てあっという間に私に飛び付いて噛みつく。甘がみというのではない。本気で思いっきり噛みつく。四月から六月にかけて四度も噛まれ、近くの外科に駆けつけて多いいときは4針も縫うことになった。犬の口内は雑菌が多いので、毎日抗生物質の入った点滴受けに通い全治10日はかかった。
爺さんが近くにいなければ私の膝に乗り、夜は横に眠ったりするのに、なぜ噛みつくのかわからない。
可愛がっている飼い犬に噛まれる気持ちはどういったらいいのか。度重なると複雑で虚しい気持ちになってくる。疲れが出るとあちこちに口をこぼし、こぼしたあとで惨めな気持ちになる。
それでも何とかしなければと、老人健康保険センターというところで見てもらえると言うので、手続きを進めた。今日はその面接日だってた。面接の結果を検討して認められれば入居が決まる。最後に費用の話になって、驚いた10万円くらいだろうと思っていたのだったが20万円あまりかかるという。爺さんの年金全部出しても足りない。これでは無理だと即お断りした。
爺さんの体調は悪化するばかり。気力もすっかり減退して終日寝てばかりいる。うごかないので足の筋肉が落ちて骨川筋衛門になってしまった。
何とかしなければならない。けれど老婆の私はその力もない。
頼れるものがないと解ったいまの成り行きに任せ、自分が倒れないように、無理をするのはやめようと決心した。もやもやが晴れたわけではないけれど、気持ちを他に向けようと思う。

by babamama_123 | 2019-09-09 20:30 | Comments(0)

ぼちぼちやっと二作目

数年前教室のKさんに譲っていただいた銅板を使って、やっと二作目の試し刷りにこぎつけた。
「朝の散歩道」
 毎朝ニュートンをつれて散歩する道を描いたつもり。遠景に自衛隊駐屯地にあるメタセコイヤをいれたかった。日ごと長くなる影も書きたかったけれど失敗。
今回は、銅板に松ヤニを散布して定着させてから、筆に腐食液をつけて直に描いた。
朝のもやっとした感じをだしたかった。
最初はむらができていまいちだったので、松ヤニを粗めに散布して上書きしたところ、
前の腐食がつぶれたのかインクの乗りが悪く薄くなってしまったた。なかなか思うようにいかない。次はどうしようか、これで終わろうか、まよっている。
ぼちぼちやっと二作目_f0095745_22083955.jpg
ぼちぼちやっと二作目_f0095745_22091331.jpg

by babamama_123 | 2019-09-08 21:50 | Comments(0)