野良犬を拾ってほぼ一週間後、ひょっとして探している方がおられるかもしれないと、犬猫探し掲示板に乗せてみようと思った。マルチーズなので、とりあえずマルと名づけ、身体的特徴を記し写真を貼った。その翌日、もっと写真を送って欲しいとメール入った。早速、写真を添付し、こころあたりがあるなら、犬の名前を教えて欲しいと返信した。又折り返し返信メールで、犬の名前はなんと、マルで、15歳の雌であるという。さらに、胸の腫瘍の手術をしたこと、大阪の堺の家から失踪して七ヵ月がたち、お母さんが可愛がっていた犬で、ずっと探していると、書かれていた。
堺では遠すぎるとは思ったが、七ヵ月の間にどんなことが起こったか、はかりしれないものがある。堺から京都へ放浪するというのもありうる。飼い主さんの確立が高い。見にこられませんかと、メールを打った。すると、メールの主は娘さんで、東京に住んでいて、京都へ行くあてがなく、堺のお母様も無理であることなど返信があった。次の日、数日家をあけるため、ペットシッターさんをお願いして、家に来てもらった。マロンのお世話がメインなのだが、500円の割り増しでマルの餌やりと糞の始末もしてくれるという。マルを見せると、胸を見て、腫瘍はあるけど手術の形跡はないといわれた。
やっぱり探しているマルではないようだった。もしそのマルだとすれば、この世に素晴らしい奇跡があると信じることができたのに・・・・・・。
犬は三日で自分の名前を覚えるらしい。今ではマルと呼ぶと、振り返ってこちらを見るようになった。散歩が好きなようで、歯のない老犬にしては、耳をパタパタさせ、尻尾を上げて、リズミカルに歩く。毛が生え揃ったら案外可愛く見えるようになるかもしれない。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-07-17 12:22 | 日々の記録 | Comments(0)

百花繚乱?

百花繚乱といいたいのですが、猫の額より狭い植え込みの中に、カサブランカがやっと咲きました。日当たりが悪いので、勢いもなく、葉はかれかかっています。爺さんが球根を沢山植えたはずなのですが、2本しか咲きませんでした。今朝ゴミを出しに外に出て、通路に匂いが漂っているので気がついたのです。早速家の中に飾りました。「君の瞳に乾杯!」、映画カサブランカを思い出します。イングリット バーグマン、とても素敵でした。
もう一つは月下美人。今年は少し早いような気がしてましたが、お隣の家のも咲いていました。うちのは2輪でしたがお隣は5輪はあるようです。昨年お隣のおじさんがうちの手入れが悪いとお説教しただけあると感心しました。今芳香を放って咲いていますが、朝にはしおれて見る影もなくなります。美人薄命・・・・。婆さん、美人でなくてよかったのかどうか考えてしまいます。
f0095745_2352195.jpg

f0095745_23525530.jpg
[PR]
# by babamama_123 | 2009-07-02 23:55 | 日々の記録 | Comments(2)

今度は犬

f0095745_23264450.jpg今日は梅雨の晴れ間ということで、爺さんは運動不足を解消しようと河原にでかけました。桂川河川敷はかつては爺さんの庭ともいえる場所です。朝からでかけた爺さんは夕方婆さんのいる家に電話をかけてきました。「河原に小さい犬が怪我してうずくまってる。どうしよう。ほうっておくのもかわいそうやしな・・・・」
おやさしい爺さんであります。こうして8年前、鳥取から寅雄を連れてきたのでした。婆さんは厄介なことになったと正直思いました。厄介なことに限って相談をもちかける爺さんなのです。結局そのわんこ、つれて帰って来ました。猫のマロンより小さいからだのマルチーズです。多分捨てられたのでしょう。子供ではなさそうです。その汚いこと、くさいこと。お湯を沸かして表で洗っても臭いがぬけません。毛はもつれて体中毛玉になってへばりついています。挟みで毛玉を切り取ったのですが、うっかり耳まできってしまいました。足を怪我してようなのでマロンもお世話になっている近くのマック動物病院に連れていき預けてきました。夜引き取りに行くと、毛を刈り取られて丸裸になっていました。毛玉の中に蝿の卵がびっしりいたとのこと。歯は1本もなく、乳腺腫があり、心臓もおかしい。多分10歳は越えてる雌犬だと、マック先生は言われました。抗生物質の注射をしてもらい、約1万円支払って帰ってきました(痛い!涙)。今玄関で眠っています。小さいけど思い荷物を背負ってしまいました・・・・これから先どうなるのでしょう。

[PR]
# by babamama_123 | 2009-07-02 23:31 | 日々の記録 | Comments(2)

XX襲来

f0095745_13324768.jpgLAの孫は上が7歳、下は5歳。上の孫はつい数日前、小学校一年を終了して夏休みに入った。夏休みは9月初め新学年が始まるまで2ヶ月余り続く。そのなが~い休みを、ママの国で過ごそうとやってきたのは25日。婆さんと爺さんの忍従の日々が始まった。
爺さんは早速、孫の成長を柱ならぬ家具の横に記録した。昨年の同じころから10センチ近く背がのびている。手作りの家具の横は三人の孫の成長記録の線で黒くなってしまった。色を変えないと誰のだか一目でわからない。
婆さんは、時差ぼけで早く起きた孫を散歩に連れ出した。去年見たカブトエビをどうしてもみたいから、田んぼにつれていけという。LAには田んぼがないので珍しいのかもしれない。けれど、カブトエビはどこにもいなかった。不思議である。どこに消えてしまったのだろう。
おたまじゃくしとアメンボウを見て、手で捕まえてみたり、まだまだ子供なのに、婆さんは少しばかり安心した。そのうち、こまっちゃくれて、田んぼなんか見向きもしなくなるだろう。その時がくるのが恐い。
昨日は孫達が蚊にさされないよう、網戸を3枚張替えたので、膝はがくがく、腰はよれよれ、すjこぶる体調がわるい。婆さんの体、孫に対応できるかどうか自信がもてない。

f0095745_13313212.jpg

f0095745_13321638.jpg

[PR]
# by babamama_123 | 2009-06-28 13:35 | 日々の記録 | Comments(2)

銅板画教室最終日の作品

f0095745_9565946.jpg女の子
 リフトグランド シュガーアクアチント 葉書サイズ

 孫が3歳の頃、書き散らした絵をもとに版画にしてみました。
 
 原画はもっと大胆で魅力的です


  セピア色版 f0095745_958839.jpg
[PR]
# by babamama_123 | 2009-06-22 10:01 | かく | Comments(0)